スマホリングかスマホケースで悩んでる?落下から守ってくれるのはどっち

スマホをいじっていたら手元からするっと落ちて画面がバキバキに…。

または、ごろごろしながらスマホを見てたら手から落ちて顔面に…。

こんな経験ありませんか?

いくらケースを付けていても強い衝撃を受ければ壊れるときは壊れますし、手元から落ちるときは落ちます。

大事なのは根本的に手元から落とさないことです!

しかし、新型スマホはどんどんと大きくなり、片手で持つのがしんどいサイズになっていっています。

何よりも大切なのはスマホを手から落とさないこと!

そしてそのためにお薦めなのはスマホの背面に付けるリングです!

この記事ではそんなスマホの落下防止リングについてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

スマホリングとは?どんな種類があるの?



スマホの落下防止リングのことをバンカーリングと呼ぶ人がいますが、それは商品名です。

確かに一番最初に普及したものではありますが、価格が2000円ほどするため若干高価です。

似たようなものにiRingというものもあります。

どちらが正規品ということもないのでご安心を。

もっと価格の安いものも最近では多く市場に出回っていますが、私としては上の二つをお勧めします。

その理由は2つあります。

まず、耐荷重が大きいということ。

つまり、よほどの力を加えない限りリングがスマホから外れてしまうということがありません。

つぎに、何度も着脱が可能だということです。

これらの商品は接着剤でくっついているわけではなく、べたべたする素材の粘着力で張り付いているだけです。

そしてこの粘着力は、なんと水で洗うと復活します。

比較的高価かもしれませんが、長く使えるという点でこれらのアイテムがお薦めです。

スマホリングをおすすめする理由は何?



 

そもそも手元から落ちにくいということもありますが、リングを立てて使用することによってスマホスタンドになるのもメリットです。

また、リング内にストラップを通して首から下げて使用している人もいます。

デザイン的にあまりよくないと思われがちですが、僕が使用しているのを見て使い始めた友人たちは軒並み手放せなくたっています。笑

iPhoneはサイズが大きくなるばかりか、丸みを帯びたボディになり、さらにどんどん滑りやすくなっているため手元から落ちる可能性が高まってしまっています。

こうしたリングを付けてがっちりホールドできることの安心感はなかなかありません。

 

スマホリングの取り付け位置を間違えるとデメリットになることも



デメリットとしては、画面を上にして机の上に置くとガタついてしまうということが挙げられます。

したがって机においたまま操作することは難しいです。

使用できるケースが限られるというのもデメリットでしょう。

レザーのケースにはあまり強く接着されないため、使用している最中に落っことしてしまう可能性があります。

また、ソフトケースでは外れなくなってしまう可能性があります。

お薦めとしては透明のハードケースです。

そうすればスマホ本来のデザインを生かすことが出来ます。

スマホを落下から守るという視点では、ケースで保護するということもあるます。

しかし大事なのは根本的に落としてしまわないことです。

まとめ



私はこのリングをスマホの使用当初から称しているため落下による故障を経験したことがありません。

画面割れたりするとテンション下がりますしね…。

こうしたリングを使用することで、愛用のスマホを落下の危機から守りましょう!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)