受験・入試の持ち物に加えたい!勉強がはかどる人気のシャーペンはコレ

受験生の皆さんこんにちは。

勉強頑張ってますか?

え?字の書きすぎで手が疲れて勉強がはかどらない??

それってもしかしてシャーペン選びが原因かも!

この記事で紹介するシャーペンを使えば勉強がはかどること間違いなし!ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

 

ドクターグリップのシャーペンはグリップが太いから持ちやすい


引用:パイロット


言わずと知れたシャーペン界の帝王です。

実は発売から20年もたつロングセラー商品で、その愛用者は学生のみならずたくさんの量を描く漫画家にも多いのです。

ドクターグリップがお薦めの理由としてはその形状にあります。

人間工学に基づいて設計されたデザインによってあまり多くの力を必要とすることなく筆記をすることが出来ます。

またフリシャ機能があるためいちいちノックをするために持ち得る必要もなく、長時間の使用でもストレスがありません。

最近はかわいらしいデザインや、芯の太さのバリエーションも増えてきてため多くの方におすすめできます。

スポンサードリンク

クルトガのシャーペンはシリーズは細字も選べる


引用:三菱鉛筆


クルドガとは、三菱鉛筆が独自に開発したクルトガエンジンを搭載したハイテクシャーペンです。

しかしハイテクとはいっても300円程度で購入することが出来ます。

このシャーペンはクルトガエンジンによって筆記の度に芯が回転するため芯が片減りすることがありません。

そのためノートをきれいにとることが出来るので、精神的にイラつくことが少なくなります。

ただこのシャーペン、芯の回転する方向が反時計回りなんですよね…。

僕が普段シャーペンを使っていて片減りしたさいに回転させている方向がクルトガエンジンと逆なのでそこだけ玉に瑕です…。

三菱鉛筆さん、逆回転モデルも出してくれ~。

 

クルトガシリーズ テクトツーウェイ


このシャーペンは、製図用シャーペンのデザインにフリシャ機能を搭載した至れり尽くせりなアイテムです。

このシャーペンがお薦めな理由はその重量にあります。

製図用シャーペンというものは元来金属出てきているものが多く結構な重量があるのですが、それによってあまり筆圧を掛けることなく筆記できるため、細いデザインであってもあまり疲れません。

テクトツーウェイはただでさえ重い製図用シャーペンにさらにフリシャ機能が搭載しているのでその重量はヘビー級です。

長時間書いていても腕が疲れることがありません。

 

クルトガシリーズ オレンズ


オレンズはぺんてるから発売されている超極細芯専用のシャーペンです。

そのラインナップは0.2ミリと0.3ミリ。これだけ細いと芯がバキバキ折れてしまいそうですが、オレンズはその点を克服した超画期的なシャーペンです。

どういうことかと言いますと、オレンズ独自のスライドパイプが芯先を常にカバーしているためこれらの極細芯であってもどんな筆圧を掛けても折れることがありません。

芯が細いというのはノートをまとめる際に非常に重宝しますが、従来のモノでは芯がどんどん折れてしまうためあまり普及していませんでした(それに細い芯って割高なんですよね)。

オレンズであればその心配は全くありません!小さくきれいな字を書きたい人にお薦めのアイテムです。

まとめ



普段あまり意識することのないシャーペンですが、勉強することが仕事の学生の皆さんは、ぜひこれらの特徴を踏まえてご自身にあったシャーペンを使ってほしいです。

勉強頑張ってください!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)