家庭菜園初心者がプランターで野菜を育てるならトマト以外に何がある?

家庭菜園は、簡単に始められとても楽しいです。野菜の価格が高い場合、節約にもなります。

しかし、何を育てるか迷うケースがあると思います。私が育てた野菜について紹介します。

スポンサードリンク

家庭菜園で育てやすさ一番のおすすめは、ミニトマト



ミニトマトは、多少放っておいても育つため、家庭菜園初心者におすすめです。

種から育てることも、苗から育てることもできます。

しかし、種から育てるとかなりの労力がかかるため初心者の場合は苗から育てる方が安心です。

ミニトマトをプランターで育てたのですが、それほど手をかけることなく、収穫量もかなり多かったです。

なすと一緒に植えてしまうと連作障害が起きるので注意が必要です。

 

収穫量、大きさに大満足、オクラ



オクラはどうやって実がなるかご存知ですか?

わたしは、初めてオクラが成長していく様子を見て驚きました。

ずっと、地面に近い低いところで実がなると思ったのですが、150cmくらいまで茎が伸び、黄色い大きな花が咲いたあと実がなるのです。

実は、このオクラの花もおひたしなどにして食べることができるのですが、すぐ萎れてしまいます。

オクラは比較的丈夫で、初めて育てた際も、大きいオクラが大量に収穫できました。

種からも苗からも育てることができますが、初めての場合や、植える株数が少ない場合は苗から育てる方が楽で良いと思います。

オクラは成長が早いので、収穫時期を逃さないよう注意する必要があります。

以前放置しすぎた際、実が固くなりました

 

初めてでも簡単。虫よけの役割もあるパセリ



パセリはとても簡単で、大量に収穫できました。

パセリは栽培期間が長いため、1年中楽しむことができるので魅力的です。

また、あまり虫を寄せ付けないため、無農薬でも虫害をうけにくいです。

日差しがなくても比較的育ちやすいため、室内でも育てることができました。

キッチンの近くにあるととても便利です。

スポンサードリンク

収穫が早くできる、スナップエンドウ



スナップエンドウは狭いスペースでも栽培できます

しかし、スナップエンドウ日当たりを考えたり、虫害を防いだりしなければならなかったので、お手入れはこまめにする必要がありました

秋に種をまいて栽培を試みましたがうまく育たなかったため、3月頃に市販の苗を購入するのが安心です。

 

まとめ



家庭菜園を始めることで、野菜の摂取量が増えます。

また、野菜の値段に左右されないため、節約にもなります。

趣味で家庭菜園を始めてみたいと思う方がいらっしゃいますが、育てる野菜の選択に迷うケースがあると思います。

私は、多くのスペースを確保できなかったため、プランターで育てられる野菜を中心に選択しました。

ミニトマト、オクラ、パセリ、スナップエンドウは、初心者でも育てやすく満足できる収穫量を確保できました。

特にパセリは、室内でも手軽に始められ、1年中楽しめるためおすすめです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)