ハリネズミの飼い方!ケージや飼育セットは通販でも買える

ハリネズミを飼うためには、ケージなどのハリネズミのおうちが必要になってきます。

まずは、ハリネズミが安心して暮らすことができるように、居住スペースとなるおうちを用意してあげましょう。

あなたのかわいいハリネズミが、これから一生涯暮らす家です。

ケージなどの飼育セットは、見た目だけで選ばずにお手入れのしやすさも考慮するのがオススメですよ。

スポンサードリンク

 

ハリネズミを飼育するケージやグッズを選ぶ時のポイントは?


  • フタ付きのケージや深さのある衣装ケースを用意しよう
  • ハリネズミの寝床になる巣箱は必要?
  • ハリネズミの食器を選ぶコツは?
 

フタ付きのケージや深さのある衣装ケースを用意しよう

 

ハリネズミのケージを用意する時は、ホームセンター等でも手に入りやすい、うさぎ用のケージを使えばいいと思います。

ケージの床にスノコや金網がついている場合は、ケガ防止のために取り外して使ってください。

ケージのサイズは、最低でも60センチ×40~45センチくらいのものを用意しましょう。

高さは、30cmくらいの大きさの回し車を入れても余裕があるサイズを選んで下さいね。

大きさの目安は、新聞1面分です。ワンちゃんのペットシーツなら”ワイドサイズ”くらいですよ。

通気性がいいので、金網タイプを利用されることをおすすめします。

アクリル製のケージなどは、金網タイプに比べ通気性が劣るので、こまめにケージ内の温度をチェックしてあげましょう。

念のため、脱走対策として鍵のついたケージか深めの衣装ケースを用意するといいでしょう。

ハリネズミは、ハムスターやリスなどと違い、ケージの壁である金網をよじ登ったりすることはしません。

なので、ハムスターたちのように脱走対策を完璧にしなければいけないわけではありません。

ハムスター

ハムスターがゲージをよじ登るイメージ


ですが、ケージの種類によっては入り口が低い所についているものがあるので、万が一の脱走に備えておきましょう。

いつもはノソノソ歩いている時が多いハリネズミですが、機敏にスタスタ歩く時もあります。

時には、「こんなスキマに入れんやろ」と思える場所でも、ギューッと体をねじ込んでいくので注意が必要ですよ。

ハリネズミが電気コードをかじる姿を私は見たことがないのですが、個体差があるかもしれないので注意しておきましょう。

階段などの段差からハリネズミが落ちてしまうなど、脱走には予期せぬ事故が待っていますよ。

スポンサードリンク

ハリネズミの寝床になる巣箱は必要?材質の選び方



ハリネズミのケージの中には、ハリネズミがリラックスできるように巣箱を用意してあげたほうがいいです。

なぜならば、野生のハリネズミは、日中は巣の中で寝て過ごしているからです。

ハリネズミは、岩の間や茂みの根本、朽ちた木の下などの天敵に見つからないような、せまい巣穴で過ごすことを好みます。

ハリネズミの巣箱を選ぶ際のポイントですが、野生のハリネズミが過ごしている環境を思い描くといいかもしれませんね。

ハリネズミは乾燥した気候を好みます。

快適に落ち着いて暮らせるように、巣箱にはプラスチックよりも木などの天然素材を使ったものを利用したほうがいいでしょう。

木には、伝わる音を軽減してくれる働きもあるんですよ。

布製のふくろ型のものもあります。

時には、爪や針がひっかかって怪我につながってしまうことがあるかもしれません。

袋型の寝床を購入するときには、爪や針が引っかかりにくい材質のものを選んであげましょう。

 

ハリネズミの食器を選ぶコツは?




餌用の皿は、ハリネズミが食べやすいように深すぎない器を用意してあげましょう。

餌皿に体を乗り入れて食べる時もあるので、ひっくり返ったりしない重さのある陶器製やステンレス製を使ってみてはいかがですか?

傷もつきにくいので、雑菌の繁殖を抑えることができるかもしれませんね。

スポンサードリンク


ハリネズミ飼育、我が家の事例


ハリネズミ

我が家のハリネズミちゃんの餌皿は、陶器製のものを使っています。

高さのイメージがつきますか?多分2~3cmくらいだと思います。

 

お水は、ボトルタイプの水飲み容器を使っています。

ペットショップでもこのタイプだったので、始めから上手に飲めていましたよ。

水飲みボトル

巣箱は木製のもので、たまたまホームセンターにあったものを購入しました。

坂になっている部分を登ることができるので、時々巣箱の上まで登ってあそんでいます。

ハリネズミ
 

なんだか食べている時の写真ばかりですね。(;´∀`)

まとめ


今回は、ハリネズミを飼うために、必ず必要な飼育グッズを紹介しましたがいかがでした?。

次回は、あったほうがいい飼育グッズを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)