ハリネズミ飼育の困った!「お留守番ひとりでできるもん」

ハリネズミに限らず、生き物を飼っているとある問題が出てくるのではないでしょうか?

それは、「お留守番」です。



luggage-1149289_1920
 

ハリネズミの寿命は、5年~8年といわれています。

その間に、何らかの理由で、飼い主さんが家を留守にする機会もきっとあるはず。

そんな時、ハリネズミのお世話はどうしたらいいのでしょうか?

木1

ハリネズミと一緒に旅に出る

脱走対策とキャリーバッグが必要です。

外出先で、ハリネズミが落ち着いて過ごせる環境を用意できるなら一緒に出かけてみるのもいいかもしれませんね。

最近では、ハリネズミ用のリード付きハーネス(散歩ヒモと胴輪のセット)も販売されています。

これは、大手通販サイトで見つけることができますよ。

しかし、突然の長距離の移動は、ハリネズミに負担がかかってしまう可能性があります。

日頃から、車に一緒に乗ってお出かけするなど、少しづつ慣らしていけるといいですね。

vw-camper-336606_1920
ときには、車に酔いやすいハリネズミもいるかもしれません。

揺れがひどいと車に酔いやすくなってしまうので、道中は、キャリーバッグが揺れたりしないよう固定をし、こまめに休憩を取り、外気を吸わせてあげるのがおすすめですよ。

po1「ちょっとコンビニへ」「ちょっとトイレへ」のちょっとでも、夏に車の中でお留守番をさせるのは絶対NG!ですよ。

冬も寒さ対策が必要です。カイロや湯たんぽを利用して、気温対策を忘れないようにしましょう。

過ごしやすい季節でも、窓を締め切った車の内は意外と気温が高くなります。

長時間車の中で留守番をさせるのはやめましょう。

木1

ハリネズミをひとりで留守番させる

温度管理は必須!短期間のおでかけなら可能。だけど、リスクもあります。

ハリネズミにとって、知らない所へ出かけるのは意外と神経をつかうもの。

人間だってそうですよね。

あなたも「旅行から自宅に帰ってきてホッとした」なんて経験はありませんか?

ハリネズミだって、きっと住み慣れたおうちにいるほうが安心できるはずですよね。

 

rock-island-123406_1280
 

ハリネズミが、ひとりでお留守番するとしたら、何日くらいが可能なんでしょうか?

私の経験からみると、ひとりでお留守番するのは1日~2日くらいが限界だと思います。

ハリネズミがお留守番の間は、室内の空調や温度管理は必ずして、餌も充分な量をを与えておくことが大切です。

しかし、停電でエアコンが停まってしまうなど、リスクがあることも考えなければなりません。

ペットホテル・シッターを使おう

ペットホテルとシッターのメリットを考えてから決めよう。

ハリネズミを知り合いに預かってもらうことができたら、いちばん安心なのかもしれませんが、なかなかそんなわけにはいきませんよね?

そんな時は、ペットホテルやペットシッターを利用してみましょう。

街中では、犬や猫を対象としたペットホテルは見つけやすいのですが、小動物を預かってくれるペットホテルはなかなか見つけることが難しいです。

最悪、「どこのホテルも見つからなかった」という時は、動物病院に相談してみるのもアリですよ。

お泊り期間中に、健康診断をしてもらうこともできます。

 

hotel-389256_1280
 

ペットシッターは、ハリネズミのお世話をしてもらう為に自宅にきてもらうことになるので、ハリネズミにとっては環境もかわらずいちばん負担が少ないというのが利点です。

ですが、留守中に家の鍵を預けるので、抵抗を感じる人がいるかもしれませんね。

信頼できるペットシッターを見極めなくてはならないので、難易度が高いかもしれません。

お留守番中のお世話をたのむ前に自宅に来てもらい、日頃のハリネズミの様子や、やっておいてほしいお世話などを打ち合わせておくと安心ですね。

 

passenger-traffic-122999_1920
 

飛行機を利用する場合は、空港付近のペットホテルを利用してみてはいかがですか?

ハリネズミなど小動物をペットホテルに預ける時は、ケージごと預かってもらうケースが多いと思います。

空港へ送迎してくれるサービス付きの駐車場と併設して、ペットホテルを提供しているところもありますよ。

空港駐車場のペットホテルを使う利点

1.出発当日の数時間前まで一緒に過ごすことができる。

2.到着したら、その場でペットを引き取ることができるので、そのまま一緒に帰ることができる。

3.当日に”預けること”と”引き取ること”が一緒にできるため、余計なホテル代がかからず節約できる。


ハリネズミをペットホテルやシッターさんに預ける時は、どんな準備をしておいたほうがいいの?

我が家の事例で紹介します。

我が家は、セントレア空港付近の駐車場併設のペットホテルを利用しました。

ハリネズミや小動物は、自宅で使っているケージでそのまま預ける形でした。

我が家がホテルにお願いしたことは、ハリネズミの餌と水、砂浴び用の砂を毎日交換して欲しいと伝えました。

そのため、餌と砂の一回分がわかるように小分けしておき、ひょっとして足りない時も出てくるかもしれないので、余分用の小分け袋もいれておきました。

今は、wi-fi環境が整っていれば海外でもスマホが使えます。いざというときは、メールなどで連絡をとれるようにしておくと安心ですね。

うちの犬は、相変わらず預け先では餌を少ししか食べなかったのですが、ハリネズミちゃんは普段通り餌も食べて元気に過ごしていました。

結構たくましい性格のようです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)