ハリネズミ「なつく」ために「におい」「なれる」スキルを使おう

ハリネズミを家族として迎えいれる準備は整いましたね!?

いよいよ、あなたはハリネズミと一緒に暮らし始めます。


スポンサードリンク
「ハリネズミと仲良くなれるかな?」「なつくといいな」なんて、胸をワクワクさせながら思っていませんか?

それでは、今回は”家族の一員となったハリネズミと仲よくなろう”をテーマで書いていきますね。

家1

ハリネズミと仲良くなるキーワードはにおいだった


ハリネズミは、嗅覚がとっても優れています。

いつも鼻を上下にピクピク動かし、クンクンとにおいを嗅ぎながら歩いています。

そうすることで、ハリネズミの周辺が安全かどうかを調べているんですよ。

もしも、知らないにおいに出会った時も、ニオイで相手を判断して”敵から逃げる”行動をとる習性があります。

ぜひ、この習性を利用して、ハリネズミと仲良くなりましょう。

ハリネズミに、毎日飼い主さんのニオイをかがせ、慣れてもらうことが大切です。

飼い始めたばかりの頃は、飼い主さんが手を近づけただけで「フシューッ」と鳴き声を出し、針をブワッと立てて怒っていたハリネズミ。

そんなハリネズミも、しばらくすると飼い主さんのニオイを覚え、自分からニオイを嗅ぎに来てくれるようになります。

IMG_20151114_204816

(手のにおいを嗅ぐ我が家のハリネズミちゃん♪)

こんな感じで近寄ってきた時に、お腹周辺の柔らかい毛の部分を指でそっと撫でてみてください。

軽く「フシューッ」と鳴き声をあげますが、体をギュッっと丸めることはしないと思います。

こうなってきたら、「ハリネズミがなつく」という長いクエストをひとつクリアしたも同然ですよ。

ハリネズミを本気で怒らせないよう様子を見ながら、ハリネズミに触る時間を伸ばしていきましょう。

家1

ハリネズミに恐怖心を与えてはダメですよ


ハリネズミはとても臆病者です。

身の回りで大きな音がするとビックリして、ギュッと体を丸め身を守ろうとします。

そんな臆病なハリネズミが、あなたのことを”恐怖心を与える人”と認識してしまったら・・・。

クエスト「ハリネズミがなつく」は永遠にクリア出来なくなるかもしれません。

ハリネズミが「この人は怖くない」「この人は飼い主さんだ」覚えてくれれば、飼い主さんに針を立てることも少なくなるでしょう。

ポチッとな

ハリネズミにいかが?

ハリネズミを飼育する為に揃えておきたいグッズ


家1

ハリネズミに「におい」を覚えてもらおう

  • 餌をあげるときに、飼い主さんの手のニオイをかがせる
  • ハリネズミの巣箱に飼い主さんのニオイがする枕カバーや服の切れ端を入れる
  • ハリネズミと遊ぶ時に体に触れるようにする

イメージ餌をあげるときに、飼い主さんの手のニオイをかがせる

飼い主であるあなたとハリネズミが仲良くなるきっかけを作るには、ハリネズミに餌をあげる時が一番最的です。

飼いはじめたばかりの頃は、ハリネズミもまだまだ警戒していて、飼い主さんが手を近づけただけでも「フシューッ」と怒った鳴き声で背中の針を立ててくるでしょう。

ですが、餌皿に毎日あなたのニオイが付いているので、ハリネズミも「このニオイは餌をくれる人」と認識してくれるようになります。

イメージハリネズミの巣箱に飼い主さんのニオイがする枕カバーや服の切れ端を入れる

この方法は、我が家がハリネズミちゃんを飼い始めた時に実践していました。

使わなくなった布製品に、あなたのニオイを付けましょう。
加齢臭とかそんなの気にせず、耳の後ろあたりをこすってみてね。きっとハリネズミは、あなたのどんな臭いもすべてを受け止めてくれますよ。

それを、ハリネズミの巣箱に入れておき、間接的に少しづつ慣らしていく方法です。

とっても怖がりな性格の子や触られるのを嫌がる子には、まずココからスタートしていったほうがいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

イメージハリネズミと遊ぶ時に体に触れるようにする

ケージからハリネズミをだす時に、いきなりだっこをするとハリネズミはストレスを感じていまいます。

飼い主さんの手を鼻に近づけたり、体の柔らかい部分を撫でて落ち着いてからケージの外に出してあげるといいですね。

ハリネズミ

(うちの子どもに抱っこされても余裕の顔しています)

ハリネズミとのふれあいタイムに、手からおやつをあげてみるのもいいかもしれませんね。

ただし、ときどき勢い余って指をカプッと噛まれるので、小さなお子さんなどがあげる時は気をつけて下さいね。

家1
ニオイをかがせてもなつくわけではない
今回紹介した方法は、あくまでも、ハリネズミと飼い主であるあなたが仲良くなるためのきっかけを紹介したに過ぎません。

個体差もある為、必ずしもこの方法でハリネズミが慣れたりなつくわけではありませんし、トレーニングしたからといってあなたに従う生き物でもありません。

ハリネズミを飼育しながら、ゆっくり距離を縮めていくことがとても大事だし楽しさでもあります。

犬のように”名前を呼んだら近くに来る”とか”芸をする”ということはほぼ無いと思っておいたほうがいいでしょう。

トレーニングのつもりが虐待だった。なんてことにならないように、ゆったりとした気持ちでハリネズミを飼育していってくださいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)