ハリネズミのケージに使う床材はペットシートが便利でおすすめ

ハリネズミをペットとしてお迎えするために必要な飼育グッズは揃いましたか?

ここでもう一度、揃えておきたいグッズをおさらいしてみましょう。

168572
スポンサードリンク

check ハリネズミの飼育に必要な飼育グッズ

  1. ハリネズミ用のケージ(最低でも60センチ×40~45センチくらい)
  2. ハリネズミがくつろげる巣箱
  3. ハリネズミが餌を食べやすい浅めの皿と給水器
  4. ハリネズミの運動不足解消と娯楽を兼ねたホイール(回し車)
  5. ハリネズミの冬眠を防ぐペットヒーター
この5点だけは、必ず用意してあげて下さいね。

168572
それでは、今回はハリネズミのケージに使う敷材・床材をみていきましょう。

ハリネズミをペットとして飼うのは難しくないですが、毎日のお世話が大変だと、ついついサボり気味になってしまいます。

ケージが汚れると、人間やハリネズミによくない影響を与えるダニなどが発生する可能性もあります。

アレルギーや喘息がある人にとって、ダニがよくないというのはご存知ですよね?
168572

ケージに入れる床材や敷材はナニを使う?

  • ペットシート
  • 牧草やウッドチップ
  • 猫のトイレ砂

イメージハリネズミの床材としてペットシートを使う。

我が家のハリネズミちゃんのおうちを大公開。散らかってるけど、気にしないでね♪

ケージ
我が家は、ケージの床材としてペットシートを使っています。

うちのハリネズミちゃんがまだ小さかった頃は、ペットシートを引っ掻いて穴を開けてしまうことがあったので、ペットシートの下には新聞紙を敷いています。

その時期に、ハリネズミちゃんが巣箱の中で穴を掘っているつもりなのか、ペットシートをカリカリ引っ掻いて、給水ポリマーを出してしまうことがありました。

口にしてしまうとお腹の中でたまってしまうのが怖かったので、穴掘りを防止するために巣箱の中には年中ペットヒーターをいれています。(念のため言いますが、夏は電源を抜いてますからね。)

穴を掘る癖は知らない内におさまっていました。

168572
スポンサードリンク

イメージ牧草やウッドチップを使う。

天然素材なので、万が一ハリネズミが口に入れてしまっても安心ですね。

牧草は、ウサギやモルモット用品として食材用と敷材用で売られていることが多いです。
食材用のほうが価格は高めですよ。

足に絡まないので、カットしてあるタイプを使うのがベストです。

ウッドチップ広葉樹(ポプラ、白樺など)を選びましょう。

針葉樹は、皮膚炎やアレルギーの原因になる可能性が高いといわれています。

ケージ内に敷き詰めてもいいのですが、オシッコやうんちで汚れたときに、汚れた部分がわかりにくいです。

そのため、すべての敷材を入れ替える必要がでてきます。毎日交換するとなると、結構な出費になりますね。

我が家では、湿度調節とダニの発生を抑えるために、ペットヒーターの上に牧草を敷いています。

168572

イメージ猫のトイレ砂を敷材に使う。

猫のトイレ砂には、パルプおからを使ったものがあります。

濡れたら固まるので、汚れた部分だけすくって捨てるだけなので楽ちんですよね。

ですが、この”固まる”というのが曲者なんです。

もしもハリネズミが猫砂を食べてしまったらどうなるでしょう?

「喉やお腹の中で詰まってしまったらどうしよう」という考えのため、我が家ではハリネズミの敷材として、猫砂は使っていません。

168572
 

ハリネズミってトイレを覚えるの?

トイレを覚えるハリネズミは珍しいといわれています。
基本的には、どこでも用を足します。

ハリネズミは、動いているときにウンチをすることが多いです。
なので、回し車で遊んでいるうちにウンチを踏んづけてしまい、ウンチがつぶれてカピカピに乾いていたりもしますし、回し車の中でハリネズミと一緒にカラカラ音を立てて回っていることがよくあります。

砂浴び場で砂浴びをしている合間にオシッコをしていることもありますよ。

トイレを覚えることが苦手なハリネズミですが、お気に入りの場所で用をたすハリネズミちゃんは結構いるらしいです。

168572 我家の場合1
先ほど紹介した、我が家で実践している床材や敷材の敷き方についてもう一度まとめておきますね。
  1. ケージの床全体に、新聞紙とペットシートを敷きます。
  2. 巣箱の中に、穴掘り防止用のペットヒーターを入れ、その上に牧草をしきます。
  3. 砂浴びとトイレスペースを兼ねた砂場をおきます。
ズボラな我が家が実践している世話が楽になる方法を紹介しますね。

ハリネズミの世話は、毎日することと週に1回することを分けています。

毎日することは3つです。
・汚れた砂を交換する。
・エサや水を補給する。
・落ちているウンチを拾う。

オシッコをする場所が決まってくるようなら、その部分にレギュラーサイズのペットシートを敷いておくのもイイですね。

 

IMG_20160828_204830
 

週に1回することは、ハリネズミが使っているケージや食器など全て洗っています。

ハリネズミの生活スペースは、臭いやダニなどの発生を防ぐために定期的にお手入れをしたほうがいいですよ。

また、天然の床材でも皮膚炎を起こしてしまうハリネズミもいるようです。

頻繁に体をポリポリ掻いて、赤みが出ていたりフケが出ているようなら動物病院の受診も検討してみて下さいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)