寝苦しい夜に節約・寝冷え対策目的でエアコンタイマーを使うのはOK?

蒸し暑い熱帯夜。

眠りたいのに暑くて眠れなかったり、眠りが浅くなった・・・なんて経験はありませんか?

エアコンを使わず窓を開けて寝ることも可能ですが、地域によっては防犯面など安全が気になることもありますよね。

睡眠不足は美容に悪いだけではなく、仕事や勉強の効率を下げてしまいます。

暑くてなかなか眠れない・・・そんなときには、我慢せずにぜひエアコンを活用してみて下さいね。

スポンサードリンク

エアコンのつけっぱなしは電気代がもったいない?



あなたは、就寝時にエアコンのタイマーを利用していますか?

それで快眠を得られているなら問題はないのですが、暑さで目が覚めると寝汗で首や背中が濡れていたという経験をしたこともあるのではないでしょうか?

一度目が覚めてしまうと、なかなか眠れなくなってしまうこともありますよね。

そんなときは、一晩中エアコンをつけっぱなしにして寝てみて下さい

エアコンは、設定温度にするため冷やすとき(つけ始め)が一番電気を使います。

なので、エアコンをつけたり消したりを繰り返すくらいなら、つけっぱなしにしておいたほうが消費電力が少なくなるのです。

スポンサードリンク

睡眠不足は自律神経に負担をかけることも



体温を調整するときには、自律神経が働いて汗を出したり止めたりしています。

なので、暑くて汗がダラダラ出ているときは、自律神経がフル稼働している状態なんです。

体の一部である自律神経もしっかり休息を取らないと、疲れが取れず目覚めた時に体がだるく感じ、気持ちまで憂鬱になってしまうこともあります。

就寝中の寝汗を抑えることが、体への負担を減らせるのです。

一晩中エアコンをつけるときの目安は?



25度を超える熱帯夜にはつけっぱなしにするのがおすすめです。

湿度が低いときは、エアコンタイマーを利用したり、扇風機のみでも快適に寝ることができるかもしれませんね。

エアコンの風が体に当たらないように風向きを調節し、自分の体感温度にあった温度設定をするのがおすすめです。

エアコンをつけて眠って、起床時に体がだるく感じるときは



エアコンをつけて寝たのに体がだるいと感じる時もあるかもしれません。

そんなときは、起きる1時間前にエアコンが切れるようにタイマーを設定しておき、室温の上昇と一緒に体温も上げ目覚めを良くする方法もあります

エアコンの温度設定や風が体にあたっていないかもチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)