ショートスリーパーは危険?適切な睡眠時間で認知症リスクを軽減しよう

睡眠は、脳を休めたり、細胞を治癒させたりするために大切なものです

睡眠不足は、集中力の低下記憶力が悪くなり、仕事や勉強の効率が悪くなってしまうこともあります。

あなたは、睡眠をとると、記憶や思考、感情のコントロールをする前頭葉が回復し、ストレスに強くなるとも言われているのをご存知ですか?

しっかり睡眠が取れているとストレスに強くなるため、ちょっとしたことでイライラする事はなくなり、自信が湧いてきたり、優しい気持ちになれたりと幸福感も高まるのです。

スポンサードリンク

Sample Heading



厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針」でも「不眠症状は、心の病の症状として現れることがある」と記されています。

人は、自分にできないことをする人に憧れる傾向があります。

じっくり眠れている人が、TVなどに出演する芸能人や実業家が短時間しかないという発言をきっかけにショートスリーパーに憧れ、短時間睡眠を実践する人もいるのだとか。

短時間の睡眠で、きちんと心身の回復ができればいいのですが、遺伝的な要素が強いと言われているため、訓練してもショートスリーパーにはなれないのです。

頭がぼんやりしてやる気が出ない、イライラする。

自分が気づいていないだけで、周りの人はそう感じているかもしれませんよ。

そんな睡眠不足予備軍にならないためにも、一般の人は最低でも6時間の睡眠時間を確保できるようにするといいそうですよ。

スポンサードリンク

睡眠不足になると体にどんなリスクがあるの?



睡眠は、脳の老廃物を排出するために必要なものです。

脳にアミロイドβなどの老廃物が蓄積されると、認知症が引き起こされる原因になるとも言われているのです。

短時間睡眠では脳内にできる隙間が拡大し、認知機能が低下するとも。

若い人より中高年の方は特に注意が必要で、睡眠時間が5時間未満の中高年は、7時間以上睡眠をとる人に比べ、高血圧の発症率が2倍になるという研究もあるのです。

まとめ



快適な睡眠を得ることによって、ちょっとしたことでクヨクヨしない、イライラしない、仕事が捗るようになるなんていいことばかりですよね。

責任世代になる40代以降は何かと忙しく、若い頃とは違う体調の変化も感じるようになってきます。

更年期障害の影響や家庭での悩み事など、ちょっとしたことで眠れなくなってしまうこともありますが、サプリメントや入浴剤などをうまく活用していけるといいですよね。

あなたの大切なひとのためにも、無理をせず、いい睡眠をとるようにして下さいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)