ジャズの名曲・名盤を初心者にもわかりやすい楽器ごとに紹介

ジャズ、それはダンディで渋いイメージがあり、敷居が高いと思われがちであるジャンルである。

しかし一方で、居酒屋や牛丼屋で流れていてもあまり違和感のないジャンルでもある。

 

みなさん!そんなジャズを真面目に聞いては見ませんか!?

そして僕みたいに居酒屋とかで流れているジャズにいちいち反応して友達にうざがられてみませんか…!?

 

…冗談です笑

やっぱり敷居の高いイメージが強いと思うので、ジャズに少しでも興味を持った方が何から聞けばいいのかを今回はご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

ジャズピアニスト オスカーピーターソン



ピアノを弾いている体のでかい人がその人です。

ジャズ界でオスピーといったらおすぎとピーコではありません。

オスカーピーターソンの事を表します(これほんと)。

かなり速いフレーズで、聞いててハッピーになりますね。

オスピーはどのアルバムを聞いても外れなしなので明るめのピアニストがいいという方はぜひ!

 

テナーサックス奏者 スタンゲッツ



スタンゲッツは白人のテナーサックス奏者です。

一般に「クールジャズ」と呼ばれるそのスタイルは、黒人たちの攻撃的な演奏とはまたことなり、非常にスムースに進行していきます。

黒人たちの演奏との相対でクールなのです。

ジャズをすすめといてこういうのも何なのですが、部屋の中で流し続けててもあまり邪魔にならない、そういった良さがスタンゲッツにはあるかもしません。(笑)

BGMとしてのジャズをお求めの方向けかな?

 

スポンサードリンク

ジャズギターリスト ジョーパス



ジャズギターの巨人、ジョーパス。

この曲ではかなり落ち着いた演奏ですが、テンポの速い曲ではメタラーもびっくりの速弾きを繰り出してきます。(笑) しかもアドリブですよ??

ギターは比較的手に取りやすい楽器なので、経験者も多いかもしれません。

そうした人がジャズを聞こうとしたとき、まずはジャズギターから聞くというのがお薦めです!

 

ジャズボーカリスト エラフィッツジェラルド



忘れちゃいけません。

当然ジャズにもボーカルがあります。

ていうかこの人声量すごすぎません??

あ、ちなみに女性です。

画質も音質もあまりよくありませんが、めちゃくちゃ有名っていうか偉大な方なので、「何の楽器もやったことねーよ」という方はこの人のアルバムを最初に聞いてみるのもありかもしれません。

 

まとめ


さて、お気づきかとは思いますが、この4人のジャズミュージシャンが演奏しているのはすべて同じ曲です。

何から聞けばいいかわからない人のために、同じ曲で別の楽器での比較としてみました。

気が利くでしょ?(笑)

 

このように、同じ曲でも演奏者によって全く雰囲気が異なるのがジャズの面白さです。

これをきっかけにジャズを聴く人が増えてくれることを祈っています!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)