季節ごとにエアコンで睡眠時間の温度を適切に設定し寝苦しさを改善

人がそれぞれ違うように、睡眠時の快適温度にも個人差があります。

ですが、就寝中の熱中症や急激な温度差で倒れてしまうヒートショックを防ぐためにも、季節を問わずエアコンを利用したほうがいいこともあります。

特に、ここのところ猛暑ではなく酷暑レベルの暑さが続いており、夜もエアコン無しでは寝られないような日々が続いていますよね。

暑さに負けず、疲れを残さないように寝るためには、エアコンとうまく付きあっていけばできるかもしてませんよ。

スポンサードリンク

春夏秋冬の最適なエアコンの設定温度は?



春や秋は湿度も低くなり気温も下がってくるので、基本エアコンは必要ないでしょう。

高温多湿になるには、体が冷えにくいように26~28度に温度設定をするのがいいですよ。

睡眠時の熱中症を防ぐためにも、我慢ぜずエアコンを利用しましょう。

ヒートショックが心配になるには、室温16~19度が快眠温度になります。

寝起きのヒートショックを防ぐためには、設定温度を18度以上にするといいそうですよ。

スポンサードリンク

もしかしてしっかり眠れていない?あなたの熟睡度を調べてみよう



目が覚めた時に体がだるい。

いっぱい寝たはずなのに・・・と思ったことはありませんか?

1人で寝ていると、自分が夜中にしっかり眠れているのかわかりませんよね。

そんなときは、「安眠チェッカー」を使ってみませんか?

ライフケアから発売されている安眠チェッカーは、睡眠中の発汗量を測定するために手のひらに一晩貼るだけです。

目が覚めた時間を記録し、パッチのメモリを読み取り計算するだけで、良質な睡眠がしっかりとれているか数値でわかるんですよ。

汗っかきさんでも使えるというのも嬉しいですね。

Amazonで安眠チェッカーを見るならココをクリック

まとめ



寝ている途中に、蒸し暑さで目が覚めてしまうのも嫌ですよね。

どうしてもエアコンを使いたくないという方は、体の中にこもった熱を発散させるために、通気性のいいパジャマや寝具を利用したり、太い血管が通っている場所(首や鼠径部)を冷やしてあげるのも効果的ですよ。

インテリアをカラーコーディネートするだけで、体感温度が3度も変わるそうです。

実験によると、赤色は血圧を高め、筋肉を緊張させ呼吸数を増やすことがわかっているのだとか。

なので、夏はブルーなどの寒色系を、冬には赤などの暖色系を使うといいのです。

夏は視覚からも涼感をうまく取り入れて、夏バテ知らずで過ごしたいですね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)