濃尾大花火大会2018の駐車場とシャトルバス・交通規制詳細情報

毎年8月14日に開催されている濃尾大花火(のうびだいはなびたいかい)。

一宮市と羽島市の間を流れる木曽川で打ち上げられるため、岐阜県羽島市側と愛知県一宮市の両方から打ち上げ花火や仕掛け花火の様子を見ることができるのが魅力です。

スポンサードリンク

濃尾大花火大会の見どころ



 

濃尾大花火の一番の見所は、尾張地方随一の大きさを誇る開花直径約500mの2尺玉(20号)が打ち上がることです。

濃尾大橋北側の上空に、お腹に響く爆音を轟かせながら打ち上げられ、周囲からは歓声が上がるほどの美しさです。

毎年、約5000発ほど打ち上げられます

日が暮れるまでは、水面に漂うまきわら舟や屋台で買い物をするなどして楽しんで下さいね。

濃尾大花火大会2018の開始時刻は?



濃尾大花火大会2018の打ち上げ開始時刻は、日が暮れる19時30分から20時45分までの約75分間です。

スターマインや逆ナイアガラなど見ごたえのあるプログラム内容で、花火好きにはたまらない位花火の魅力を堪能できます。

濃尾大花火大会2018が開催される場所は?


愛知県一宮市(旧・尾西市)と岐阜県羽島市の間を流れる木曽川にある濃尾大橋北側で開催されます。

一宮市側と羽島市側の堤防には、出店が所狭しと並び、ビールや屋台料理を片手に花火を楽しむことができます。

羽島市側では約120店ほど、一宮市側では約150店ほど出店する予定になっています。

昨年の濃尾大花火2017では、ビールを1本500円ほどで購入しました。

濃尾大花火大会2018の場所取りはいつからできる?


場所取りは、当日のみすることができます。

開催日前日に場所取りをしても、撤去されてしまうので気をつけて下さいね。

一宮市側で場所取りができるのは、護岸整備された河川敷部分のみになります。

昼頃から場所取りに来る人はいるのですが、シャトルバスが現地に到着しだすと一気に河川敷がシートだらけになります

ですが、場所取りができないところもあり、無視してスペースを確保しても警官に注意されるので気をつけましょう。

昨年、夕方5時頃に現地に到着しても、シートを広げるスペースは空いていませんでした。

堤防の立ち見でも、一列目はもう確保されているほどでした。

羽島市側は、会場全体の見晴らしがいい為、より間近で花火を見ることができます。

ゆったり花火を鑑賞したい方は、橋の南側に場所取りをするのがおすすめです

ですが、濃尾大橋があるため、まきわら船や花火が見づらくなってしまうこともあります。

毎年の人出はどれくらい?


毎年、一宮市側だけでも20万人前後といわれており、かなり混雑します。

ドローンなどを飛ばすのは禁止です。

ゴミも持ち帰りになるのですが、帰りのシャトルバスを降りたところにゴミ箱が設置してあることもあります。

スポンサードリンク

臨時駐車場はあるの?



台数に限りがあるのですが、臨時駐車場は用意されています。

一宮市側
14:00~ 起小学校グランド

16:00~ 一宮市民会館

17:30~ 尾西第一中学校グランド

どの会場も無料開放になります。

羽島市側
不二羽島文化センター

羽島市役所

真如庵

無料開放で、計1350台ほど駐車できます。

一宮市、羽島市どちらの駐車場も、最も近い場所で会場まで徒歩20分ほどかかります。

公共交通機関で行くには?




一宮市側は、名鉄バス「起工高・三岸美術館前」下車 徒歩20分

羽島市側は、名鉄竹鼻駅 または 羽島市役所前駅 下車しシャトルバスに乗るのがいいです。

シャトルバスはあるの?運行時間と料金


一宮市側
名鉄一宮駅 西口 ⇔ 起臨時停留所

イオンモール木曽川 ⇔ アルフレッサ(株)愛知物流センター

一宮市民会館 ⇔ アルフレッサ(株)愛知物流センター

アルフレッサ(株)愛知物流センターから濃尾大花火会場まで徒歩10分くらいです。

運行時間は、往路は16:30~18:30、復路は20:15~22:00

運賃は、大人片道300円、小児片道150円

※当日16:00より往路シャトルバス乗り場で往復乗車券を購入することができます。

羽島市側
不二羽島文化センター ⇔ FUKUJUスポーツパーク(羽島市運動公園)西駐車場

名鉄羽島市役所前駅 ⇔ FUKUJUスポーツパーク(羽島市運動公園)西駐車場

羽島市役所 本庁舎南 ⇔ FUKUJUスポーツパーク(羽島市運動公園)西駐車場

真如庵 ⇔ FUKUJUスポーツパーク(羽島市運動公園)西駐車場

運行時間は、往路は18:00~19:40、復路は20:00~21:15

運賃は、中学生以上往路300円で復路は無料になります。

交通規制が始まる時間



岐阜県羽島川の青い部分が午後3時から11時まで、愛知県一宮市側が午後5時から9時30分まで交通規制がかかります。

車椅子利用者観覧場所と駐車場はありますが、交通規制時間内の入退場はできません。

車椅子スペースの利用には、商工観光課(0586-28-9148)への申込みが必要になります。

 

まとめ



濃尾大花火2018の開催日時は8月14日(火)です。

 

8月14日 午前11:00現在の天気予報ですが


晴れ 時々 雨 予報になっています。

前日の8月13日 午後7時過ぎにも雷雨があったのですが短時間の雨だったので、もし今日降ることがあってもすぐ止むのではないかと思っています。

 

雨天で中止になった時は、8月16日(木)になります。

 

一宮市側の会場近くに金毘羅社という神社があり、その東側に公衆トイレがあります。

男性用トイレの流れはスムーズなのですが、やはり女性用トイレの込み方は半端なく、個室に入るまでに30分以上かかることも珍しくありません

しかも、トイレの外から打ち上がる花火を見ようと思っても、神社に生い茂っている木が邪魔になって花火がとっても見づらいです。

おトイレは、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

開催有無の問い合わせは、当日の正午以降ハローダイヤル(050-5548-8686)で確認できますよ。

関連記事:濃尾大花火2018イオンモール木曽川キリオで見るか会場で見るか

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)