新築マンション購入体験談!物件探しはネットやスマホで労力軽減

素敵な家というのは沢山あります。

そのため、家を決めることは難しくはないでしょう。

新築マンションは人気のため、あまりゆっくりと選んでいると埋まってしまうことが多いため注意が必要です。

賃貸物件に家賃を払うのが勿体ないと感じ始め、仕事も安定してきたころに家の購入を考え始めるものですよね。

一軒家の方が「マイホーム感」がありますが、いざという時に貸し出しやすいマンションを購入することに。

スポンサードリンク

分譲マンション探しは住宅情報サイトでまず検索



希望エリアにはどんな物件があって、どのくらいの価格で売られているのか、まずは希望の間取りやイメージしている物件の相場を把握することから始めました。

SUUMOで、エリア、間取りなど大まかな希望条件で検索

物件をチェックしているうちに、追加で条件が出てくることもあります。

少しずつ条件絞りながら、気になる物件をブックマークしていきます。

早速SUUMOに問い合わせをしました。

来店予約をし、希望や相談をするとさらに物件情報を提供してくれます。

新築マンションを希望していたため、モデルルームにも行きました。

見学を繰り返し、購入候補物件を絞り込んでいきます。

埋まってしまうかもと焦る気持ちを抑えつつ、慎重に検討しました。

スポンサードリンク

マンション購入時に必要なもの



そして、いよいよ申し込みです。

「申込証拠金」として、数万円程度のお金が必要でした。

申し込みと同時に、住宅ローンの事前審査を受けます。

住宅ローンを組むことができるのか、いくら借りられるのか、事前審査が行われます。

この審査を通過しなければ、購入は出来ません。

この間、売買する物件や契約内容について、再度確認しておきます。

契約が成立すれば、もう後戻りはできません。

契約後に買い手側の都合で解約すると、契約時の手付金は放棄することになります

また、違約金が発生することになるのです。

建物の完成前に契約を行う新築物件であったため、事前内覧会へ。

物件引き渡し前に、完成した建物の状態をチェックします。

建物の状態・仕上がりが契約通りになっているか、細かく確認します。

この段階で問題があれば、引き渡しの日までに解決してもらいましょう。

住宅ローンの決済が終わり、念願のマイホームの引き渡し・入居となります。

引き渡しの時には、鍵の受け取り、不動産の所有権保存登記が行われます。

引き渡し時には、再度建物の状態を確認しましょう。

基本的には問題がないはずですが、新生活を始める場所であるため、念入りに確認をしておいても損はありませんよ。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)