粉薬はオブラートより服薬ゼリーおくすりのめたねで赤ちゃんも安心

お薬が苦手でなかなか飲めず、お子様にお薬を飲ませるのに苦労した経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

お薬には様々な性質があり、安易にジュースや食べ物に混ぜると、苦みが増したり、お薬の効果が強まったり弱まったりと、影響がある場合があるので注意が必要です。

「おくすりのめたね」なら、お薬に影響を与えることなく簡単に服薬できますよ。

スポンサードリンク

抗生物質はジュースと混ぜると苦みがでることがあるので注意



お薬をジュースに混ぜて飲ませる方が多くいらっしゃると思います。

しかし、抗生物質には、オレンジジュースなどに混ぜると苦みが出て、飲みにくくなる場合があります

おくすりのめたね」のいちご、ぶどう、ピーチ、レモン味でもより苦みが出る場合があります

そのため、抗生物質を飲ませる際は、「おくすりのめたね」のチョコレート味がおすすめです。

薬がとても苦手で毎回苦労していた知り合いの3歳のこどもも、チョコレート味の「おくすりのめたね」で苦労せず服薬できています。

 

「おくすりのめたね」ならお薬の効果に影響しない



おくすりによっては、アイスやジュースに混ぜることで、お薬の効果をしっかり得られない場合があります。

「おくすりのめたね」はお薬を飲みやすくするだけでなく、お薬の効果に影響しないよう工夫されています。

水で飲むことのできないお子様は、自己流で何かに混ぜて飲むよりも「おくすりのめたね」を使用する方が安心です。

スポンサードリンク

「おくすりのめたね」はノンアレルゲンなので安心



お子様によっては、アレルギー体質で、食べ物に注意が必要な場合があります。

「おくすりのめたね」はノンアレルゲンであり、防腐剤や保存料なども含まれていないため安全です。

しかし、長期保存はできません

定期的な内服薬はなく、風邪をひいたときなど一時的に使用することが多いですが、開栓後はすぐに使い切るよう注意しています。

 

まとめ



お薬の中には、飲み物や食べ物と混ぜると相互作用を起こし効果が弱まったり、効果が強くなり副作用が出たりと、悪影響を及ぼす場合があります。

また、抗生物質はジュースに混ぜることでより苦みが増し飲みにくくなる場合があります。

お薬を安易にジュースやアイスなどに混ぜるのは危険です。

粉薬の苦さを軽減するものにオブラートがありますが、薬を飲む前に口の中で溶けてしまって薬の苦さを感じてしまう失敗もあります。

時には、喉に張り付くこともあってうまく飲み込めないときもあります。

それを、赤ちゃんやおこさんに使って飲ませようなんて思いませんよね?

らくらく服薬ゼリー「おくすりのめたね」は、ゼリー状のオブラートです。

ゼリーなのでツルンと喉に入っていき、お薬の効果に影響を与えることなく、お薬を飲む手助けをしてくれます。

また、ノンアレルゲンなので、アレルギー体質のお子様にも安全ですよね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)