大好きな愛猫をもっと幸せに。猫飼い主向けの「猫専門の通信講座」をご存知ですか?

今や空前の猫ブーム。猫に関する文献、グッズを扱うお店がメディアに紹介され、可愛い動画や画像がネットやテレビ画面にに登場しない日はありません。

そんなブームになる前から猫を飼っていらっしゃる、それこそ物心つくまえから猫が自宅にいたという飼い主さんも多くいらっしゃいます。

多くの古典文献にも愛猫を愛で、愛猫が旅立った後は悼み偲ぶ当時の猫飼い主さん達の心情が細やかに描かれていて、今現在を生きている私達と同じ思いを共有していたのがわかります。

それだけ大昔から猫と人間は仲良く暮らしてきましたが、なぜか猫の体や精神面についての詳細は今もあまり解明されてません。

だからこそ化け猫や招き猫といった神秘的な存在としても扱われてきたのでしょう。

そんな中、数年前から猫について詳しく学べる通信講座が登場しました。

大学の獣医学部や動物専門学校に通わなくても猫に関する専門的な知識と情報を手頃な費用で、都合のいい時間内で学ぶ機会に恵まれるようになったのです。

スポンサードリンク

ウェブ広告に「猫専門の通信講座」が登場。受講者も増えています。



長年猫を飼っているお宅でも、何か心配なことがあればすぐ最寄りの動物病院に駆け込んだり電話で問い合わせたりしますよね。

ずっと一緒に生活していながら、人には種の違う猫について分からないことが果てしなく多いものです。

獣医学で未だにメカニズムすら解明できないでいる致死率ほぼ100パーセントの恐ろしい猫の病気も存在します。

犬だけの病気だと思われていたフィラリア症が猫にも発症することも最近の獣医学で報告され、無症状のまま死に至る事例も報告されました。

愛猫の健康維持のためにも、そのような猫の発症する病気はもちろん、

飼い主として知っておきたい猫の専門知識を常に把握しておきたい、そんな多くの猫飼い主さん達の願いや要望の声から登場した猫専門の通信講座です。

最近のウエブ広告では2社、すぐ見つけることができました。比較して自分にあう講座を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

猫専門の通信講座で学ぶカリキュラムはとても豊富



全国どこの動物病院でもよく「犬のしつけ教室」を獣医師指導のもと開催していますが、「猫のしつけ教室」は開催されていません。

ドッグトレーナーはいてもキャットトレーナーの存在は聞いたことがありません。

猫を飼う世帯が犬を飼う世帯を上回りつつありますが、犬猫病院と名乗る病院はあっても日本は猫専門医や猫に詳しい獣医師が実はとても少ないのです。

ペットショップのトリマーさん達もその殆どが犬専門で、猫のトリミングは断るペットショップも多いのが実情です。

犬と違って、水の大嫌いな猫はシャンプー時、鋭い牙とともに鋭い爪で抵抗しますからね。

そんな中、猫に特化した通信講座の監修はその数少ない猫専門医や猫に詳しい獣医師が担当していますし、猫のトリミングの方法の映像指導もカリキュラムに入っています。

通信講座のコースによっては、獣医学的な知識、猫のための栄養学といった猫飼い主さんが常に把握しておきたい情報のほか、ネコ科の歴史、太古の祖先を同じくするイヌ科の歴史や役割から名前の決まった犬種の紹介、アニマルセラピー、ペットに関する法律や条例、ペットロスの対応方法などかなり動物の世界やボランティア活動の奥深いところまでに及ぶ情報を学ぶことができます。

『猫』を学びながら、今のペット業界、動物に関連する世界を知り、 飼い主としての責任をも再認識



猫ブームの今、ある問題もクローズアップされています。

かつてのブームの後、無責任に大量に捨てられた大型種、超小型種の犬種の問題が今度は猫にも起こりうるのではないかと懸念されているのです。

地域猫として保護され話題になる地域も増えていますが、野良猫への餌やり問題で近隣住民との衝突の問題が多く報道されています。

通信講座で学ぶべき一番大切なことは、言うまでもなく猫にもかけがえのない命があるということ。飼う以上は責任を持って終身飼育を猫飼い主は肝にめいじなくてはいけません。

その猫飼い主さん達を応援するためのカリキュラムであり、テキストだけは理解できない点や疑問点へのメールでの質疑応答、猫に関する起業の相談など主催会社が講座受講者にいつでも協力の手を差し伸べることのできるシステムになっています。

猫を飼いたい、あるいは飼い始めたはいいけど不安や心配な事がいっぱいある飼い主さんは受講をご一考されてはいかがでしょうか。

参考

「たのまなキャットケアスペシャリスト」

「たのまなキャットシッター」

ヒューマンアカデミー キャットケアスペシャリスト講座テキスト

「猫の古典文学誌」 田中貴子著

「猫のなるほど不思議学」 岩崎るりは著

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)