【体験談】保育園・幼稚園実習へ行った感想と内容

こんにちは〜。

最近、テレビでも保育士、待機児童など騒がれてますよね。

保育士になるのは簡単なことではないし、人の命を預かる仕事だけど給料が安くて資格を持ってる人でも働かない人がいるのも現実です。

学生中は、保育園、幼稚園の実習に行って勉強したりしますよね。

大変なことだけど、とてもやりがいのある仕事です。

こどもが好きな人にとってはまさに天職ですよね。

今回は、保育園実習と幼稚園実習の違いについて紹介していきます。

スポンサードリンク

保育園実習ってどんなことをするの?



保育園実習はその名の通り、保育園に行って現場の先生と一緒に保育を行うことです。

保育園で働くのに必要な免許は国家資格です。

開所時間は、原則として8時間。

中には、延長保育でもっと長くこどもを預かってる園があります。

最近では、延長保育は当たり前になってきています。

保育園の実習は、基本的に実習生はこどもと遊んどいて〜というのがほとんどです。

私もそうでした。

もちろん、自己紹介や手遊び、読み聞かせもありました。

制作の時に、わからない子について教えたり先生の補助的動きをしたりします。

でも基本は「こどもと遊んどいて」が多かったです。

保育園と違って幼稚園の実習では



では、幼稚園はどうなのか。

幼稚園で働くのに必要な資格は、幼稚園教諭二種免許か一種免許が必要です。

幼稚園の開所時間は原則として4時間。

おのこりといって、4時間を過ぎたあとでもこどもを預けることができます。

幼稚園実習は、はっきり言うと保育園よりも大変だという人が多いです。

幼稚園実習に行くと、園の先生から「ピアノやってみる?」「帰りの会やってみる?」「お弁当の時間やってみる?」など、声を掛けていただくことが多いです。

朝の会を担任の先生の代わりにやってピアノを弾いたり、こどもたちの前で絵本の読み聞かせをしたりと、たくさん経験させてもらったりします。

責任実習の時は、自分一人で指導案を書いたりして園に提出をします。

スポンサードリンク

保育園や幼稚園での実習に求められるもの



幼稚園は保育園とは違って教育が関わってくるので、自分自身が基本的生活習慣やご飯を食べる時の正しい箸の持ち方などをみにつけなければなりません。

もちろん保育園も同じですが、保育園よりも幼稚園のほうが実習に行った時に求められることが多いです。

ピアノも、保育園よりは幼稚園のほうが

弾く回数が多かったり曲もたくさん知らなければなりません。

制作の時も、ハサミの正しい持ち方も幼稚園は保育園よりもしっかりと教えたりします。

保育園も幼稚園も、もちろんどちらも大変な仕事です。

自分が担任になれば、何十人のこどもたちを自分一人で見なければならない。

半端な気持ちではできない仕事なのです。

でも、だからこそやりがいを感じるという人もいるのです。

実習は失敗をしにいって学ぶところです。

うまくできないと嘆くのではなく、自分が学んだことをどう活かせるのか考えて次に繋げていくことが大切なのです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)