熱中症になりやすいペットは?予防方法を知って快適生活をしよう

地球の温暖化や異常気象という言葉に、違和感を感じなくなりつつありますよね。

高温多湿な日本は湿度も高くなり、なにか対策をしなければ快適に過ごすのは結構難しいです。

暑くなると熱中症に気をつけなければなりません。

それは、ペットも一緒です。

悲しい事故にならないためにも、熱中症を予防するのが効果的です。

熱中症を予防するための注意事項をお伝えしますね。

スポンサードリンク

熱中症は緊急疾患だから予防できる



高温で多湿の環境に対応できないと、体温をうまく下げられず熱中症になってしまいます。

熱中症は、人間だけではなく犬や猫もかかります。

暑い夏場だけ熱中症になりそうなイメージですが、実は梅雨の季節も注意が必要になるんです。

犬と猫、どちらが熱中症になりやすいの?



我が家が通っている獣医さんによると、猫の熱中症になる事例は珍しいそうです。

猫は、人間が快適に過ごせる環境で自由に動き回れる環境があるなら、室内の温度と湿度を快適にして、いつでも水が飲めるようにしていけばいいそうです。

ですが、犬は体温調整が苦手なため、人間が快適に過ごせる環境でも熱中症になることがあるそうです。

スポンサードリンク

犬はどんなときに熱中症になるの?



犬が熱中症になってしまう環境とはどんな時でしょうか?

犬は、高温多湿な環境や、運動をすると体温が上昇します。

人間は汗を書いて体温を調整しますが、犬はハアハアと口呼吸で体温調整をしようとします。

これがうまくできないと体内に熱がこもってしまい熱中症になりやすくなってしまうわけです。

どんな犬が熱中症になりやすいの?



短頭種といわれるシーズーやブルドッグは呼吸の通り道が狭いため、熱を発散しにくいため注意が必要です。

ダックスフンドやウェルッシュコーギーなど足の短く胴長な犬も、地面と体が近いため熱くなった地面の影響をうけやすいです。

ゴールデンレトリーバーなどの大型犬も、小型犬に比べて体温を下げにくいとも言われています。

老犬や幼犬、肥満気味の犬、呼吸器に疾患がある犬も注意が必要です。

熱中症になったときはどう対処したらいいの?



常日頃からどんなに予防を心がけていても、熱中症になってしまうことがあるかもしれません。

万が一、熱中症になってしまったときは、早急に対処をする必要があります。

普段と様子が違うな・・・と感じたら、すぐに獣医さんに見てもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)