ダイエットしたい!簡単で確実に短期間で痩せる方法ってあるの?

ダイエットってしないといけないと思っていてもなかなかできないですよね。

しかも痩せるのには時間がかかる癖に、太るのはホント一瞬の出来事です。

さらに、ダイエットそのものがきついとリバウンドの原因にもなります。

そこで今回は、現在痩せたい人が楽して痩せられるダイエット方法、そして現在太ってはいないが体系を維持するためにも採用したい方法をご紹介したいいと思います!

スポンサードリンク

糖質制限ダイエット



糖質制限は今一番話題になっているダイエット方法ですよね。

もはや多くの人がご存知かと思います。

糖質制限ダイエットのいいところは、糖質以外は制限がないという点です。

つまり、野菜はもちろんのこと、お肉や野菜もカロリーを気にすることなく食べることが出来るのです。

また、糖質制限ダイエットには3つのレベルがあります。

それは3食すべての炭水化物を抜くスーパー糖質制限。

これを実践すればあっという間に痩せていきます。

つぎに、2食だけは炭水化物を抜くスタンダード糖質制限。

外でお昼を食べることが多い方は炭水化物を避けることが難しいと思われるのでそこだけはOKとする方法です。

これでも十分に効果があります。

最後が夜だけ炭水化物を抜くプチ糖質制限です。

これは現在の体系を維持したい方にお勧めのレベルです。

レコーディングダイエット



レコーディングダイエットとは、自分が食べたものの内容、時間、そしてカロリーをすべて記録するというダイエット方法です。

これがなぜダイエットにつながるのかというと、まずは自分が食べたものを客観的に振り替えることが可能になって食事管理を自分で行うようになるということが挙げられます。

油ものが多すぎるとか、炭水化物が多すぎるとかの把握をすることでバランスの良い食事を心がけるようになっていきます。

また、食べたものをいちいちメモするのが面倒であるというのもこのダイエットのメリットです。

ラーメン屋さんに行ってチャーシューメン食べたとして、そのカロリー計算するのめんどくさくないですか?

こういった感情が食事の量を減らしてくれるのです。

○○時以降食べないダイエット



このダイエット方法においても食べるものに制限はありません。

制限されるのは食べていい時間です。何時以降食べないのかどうかは、ご自身のライフスタイルに合わせて設定してください。

しかし、遅くとも21時以降食べないようにするのがお薦めです。

寝る三時間前に食べたものは睡眠中にすべて脂肪に代わるといわれていますので、その点には注意しましょう。

このダイエット方法にはただ痩せるということ以外にもメリットがあります。

それは早寝早起きになるということです。

夜空腹で何も食べることが出来ない、しかし明日の朝になれば朝ごはんが待っている…この状況だけで人は早くに布団に入ろうと思うものです。

睡眠不足はダイエットの的ですから、こうした部分からも効果的に脂肪を落としていくことが出来ます。

これらのダイエット方法はいずれも食べる量が制限されていません。

したがって長期的に取り組むことが出来るでしょう。ご自身に会った方法であこがれの体形を手に入れてください!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)