おしゃれファッションって?センスがなくても理論があれば大丈夫!

ファッションなんて興味ネーヨ!

というそこのあなた。

そんな考えでは一生苦労しますよ!

スポンサードリンク
世の中のおしゃれな人の中には、確かに服が好きでおしゃれをしているという人も一定数います。

しかし、服なんか興味なくてもおしゃれに服を着ているという人がその中の大多数なのです。

ファッションというのは興味の有無でするものではありません。

教養と同じようなものだと思ってもらって構わないです。

必要以上の知識は必要ありませんが、最低限の教養は必要不可欠です。

これと同様に、興味がないとしても最低限のおしゃれはするべきなのです。

そして、おしゃれ=センスだと思っている人が大多数でしょう。

実はこれは大きな間違いです。おしゃれとはセンスではなく理論で作り上げることができます!

この記事ではその「おしゃれの理論」について解説していきたいと思います。

おしゃれ界の統一理論、それは「カジュアルとドレスのバランス」である



この理論は、カリスマバイヤーであるMB氏が提唱した理論です。

カジュアルに寄りすぎても、逆にドレス過ぎてもいけないということです。

たとえば、あまりおしゃれだといわれたことのない人は、持っている服装がカジュアルばかりに寄っている可能性があります。

また、カッコつけすぎといわれてしまう人は服装があまりにもドレス寄りになっている可能性があります。

それらのバランスをしっかりととらなければおしゃれにはなりません。

重要なのは、どういったアイテムがドレスで、どういったアイテムがカジュアルなのかをしっかりと理解することです。

こういったアイテムは「ドレス」である



ジャケットやスラックス、革靴といったアイテムは基本的にドレスです。

また、襟付きのシャツもドレス寄りです。

色に関しては、暗い色の方がドレス寄りですが、モノトーンであるならばドレスととらえていいと思います。

光沢のある素材はさらにドレスっぽさを際立たせます。これらのアイテムだけでコーディネートするとどうなるかというと、礼服になります。

ちなみにサイズはタイト目な方がドレスになります。

こういったアイテムは「カジュアル」である



ジーンズやパーカー、スニーカーといったアイテムはカジュアルです。

色に関しては明るいものがカジュアル寄りとなるので、ブルーのデニムやグレーのパーカーはカジュアル色の強いアイテムということになります。

スウェット地やデニム地といった素材もカジュアル色が強くなります。

また、柄物は基本的にカジュアルアイテムだと思っておきましょう。

これらを組み合わせるとアメカジの出来上がりです。

スポンサードリンク

「カジュアルとドレスの融合」もあり得る


すべてのアイテムがどちらかに偏っているわけではありません。

例えば、スウェット地のジャケットや、黒のタイトデニム、そしてレザースニーカーなど、ドレスとカジュアルの要素を兼ね備えたアイテムもたくさん存在します。

あまりにカジュアルすぎる場合に色を落ち着かせたり、ドレス過ぎる場合に素材をカジュアルに寄せたりするのも一つの手段です。

テクニック次第で自由自在



着こなし方ひとつでドレスにもカジュアルにもできます。

例えば腕まくりをするとカジュアルに見えます。

ジャケットを腕まくりしながら着ればそれだけでドレスとカジュアルのバランスが取れます。

パンツのロールアップもカジュアルダウンさせるテクニックです。

スラックスからくるぶしがのぞいていればそれもドレスにカジュアルが加えられていることになります。

具体的にどのようにコーディネートすればいいのかについては言及していませんが、どうすればおしゃれになるのかがよくわからないという人の指針にはなったのではないでしょうか。

ぜひ一度自分のクローゼットを見返してみて、ドレスとカジュアルのバランスが取れているか確認してみてください。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)