【栄養ドリンク】おすすめ飲み方!ノンカフェインとカフェインの選び方

体がだるい、集中力が切れる、風邪気味が続く…疲れがたまるとこんな症状に悩まされますよね。

だからといって仕事や学校を休むわけにもいきません。

そんな朝は栄養ドリンクを飲んでシャキっとしてから家を出たいですよね!

冷蔵庫に栄養ドリンクを常備しているお宅も多いです。

そんな栄養ドリンク、いつ飲むのが一番効果的なのでしょうか。

スポンサードリンク

栄養ドリンク!いつ飲むのがベスト?



栄養ドリンクは飲んだ後30分ほどで効き始めます!

ファイト一発!のセリフ通り、ここぞという場面の前に飲むのがベストといえます。

ところが、すべての栄養ドリンクがここぞという直前に飲むのがベストとは言えません。

栄養ドリンクには大きく分けて二つ種類があります。

それはカフェインが入っている「カフェイン配合」とカフェインが入っていない「ノンカフェイン」です。

 

カフェイン配合!ノンカフェインって?何が良いの?



カフェインはコーヒーに含まれていることで有名ですよね。

眠眠打破や眠気覚ましにも多量に含まれています。

カフェインの良いところは瞬発的な力を呼び起こしてくれるところです。

自律神経に作用し、体を興奮状態に持っていってくれるのがカフェインの作用なんです。

だから眠気も覚め、一時的に集中力を高めることもできます!

しかしカフェインは眠気覚ましに配合されているとおり、睡眠の妨げにもなります。

「疲れがたまっているから」と仕事帰りにカフェイン配合の栄養ドリンクを買って飲んで寝る!

これは眠りを妨げ、疲労回復のチャンスである睡眠を無駄にしてしまいます。

仕事帰りや夜仕事が終わった後に飲むなら、ノンカフェインの栄養ドリンクがおすすめです!

リポビタンfineが有名ですよね。

女性らしいパッケージなので、ノンカフェインは女性用と思っている人も多いです。

そんなことはないんです!

飲むタイミングや疲れを感じるタイミングは人ぞれぞれ。

自分にあったドリンクを選びましょう!

スポンサードリンク

まとめ



疲れがたまっているとき、体は弱っている状態です。

いつも通り栄養ドリンクを飲んだのに、今日は効かない。

それどころか気持ちが悪くなった。

そうしたときは無理に栄養ドリンクを続けず、疲れをとるために休息を増やしましょう。

早めの就寝を優先させ、体を休めてください。

自分の体とよく相談して栄養ドリンクを切り替えていくのがコツです!

疲れをためずにリフレッシュした体で仕事や勉強に励みましょう♪

スポンサードリンク

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)