肩身の狭い喫煙者の味方?はやりの電子タバコは体に害がないって本当?

最近めっきり喫煙できる場所が減りましたよね。

喫茶店なんかでも据える場所がだいぶ限られてきていますし、2020年までには室内全面禁煙なんて動きもあるそうです。

そんな喫煙者にとって肩身の狭い世界となりつつある昨今ですが、そうした動きに反比例して、紙巻たばこにとって代わる存在がどんどん出てきています。

その一つがVAPEなのです。

芸能人にも愛用者が多いというVAPEがいったい何なのかを、今回はご説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

VAPEって何?



VAPEとは、熱で蒸発させたグリセリンを吸って香りを楽しむ嗜好品です。

ぐるぐる巻きのコイルの中に挟まれたコットンが、吸収したグリセリンを蒸発し、これをたばこに似た要領で楽しむものです。

グリセリンとは医療現場でも用いられるようなものなので基本的に害はありません。

香り(フレーバーという)には様々な種類があって、たばこのような味やメンソールといったなじみのモノから、ミルクティーやスポーツドリンク、他にはお酒の味を模したものなど様々な種類のものがあります。

 

VAPEを吸ってもリスクはないの?



前述したとおり、グリセリンそのものにはほぼ無害です。

たばこに含まれる有害物質であるタールは一切含まれていません。

ニコチンに関してですが、日本国内ではニコチン入りのリキッド(VAPEで使われるグリセリンの事)の譲渡販売は法律で禁止されています。

しかし、海外から個人で輸入することは禁止されていません。

つまり国内で入手できるものを吸っている限り基本的に無害ってことですね。

ただし海外でたまに吸うための機材そのものが爆発するってニュースが流れてきます。笑

そうしたリスクはあるかもしれません…

 

VAPEは、たばこの代わりになるの?



減煙または禁煙のためにVAPEを吸っているという人も非常に多いです。

ニコチン入りリキッドを個人で入手して吸っている人もいますし、国内で手に入るニコチンなしのもので禁煙に成功したという人もいます。

実はVAPEの機械には「爆煙」と呼ばれる、尋常じゃない煙が出せるものがあるのですが、これはニコチンなしのリキッドでもかなりの満足感があるそうで、たばこの代わりに十分なるそうです(私は非喫煙者なのでよくわかりませんが笑)。

 

VAPEを始めるためのお金はどれぐらいかかるの?



VAPEを始めるのにはそのための機械及びリキッドが必要となります。

機械の値段はピンキリですが、3000円あれば初心者向けとして十分な機械が手に入ります。

また、リキッドの相場は大体1000円ぐらいです。量を言われてもピンと来ないと思うのであえて言いません。笑

消費量も完全に人それぞれでしょう。

私が言いたいのは、初期費用が大体4000円ぐらいってことですよ!

僕はVAPEを吸うのですが、とても楽しいです。いろんな味がありますし、口から輪っか状の煙を出すといったトリックなどもできるのです。

これをきっかけに興味を持った方、最近ではショップも増えているので足を運んでみてはいかかでしょうか。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)