中古車を購入時に、事故車を手にしないために知っておきたい見分け方

車は高価なものですから、購入しようとされている方の中には中古車を購入される方も少なくは無いですよね。

しかし、この中古車というジャンルの車は、誰が乗っていたのか、どのような使い方をしていたのかわからない為、当たりはずれがあると言われています。

中でも、中古車にありがちなのが事故の可能性です。

事故をしていても骨格部分まで達していなければ、日本査定士協会(JAAI)の規定により査定上は事故車として扱われる事はありませんので、そのような場合には中古車販売店でも事故車の表示はしてありません。

また、査定が未熟な査定士などがさていをしてしまうと見逃しをしていて補修部分を発見できないままに販売しているお店もあるほどなのです。

そんな車を購入してしまわない為にも、事故をしている車としていない車の違いを見極める事が大切だと言えるのです。

そこで今回は、骨格部分までの損傷をしていないけれども補修をしている車の見極め方をご紹介いたします。

スポンサードリンク

事故車をつかまされないために!車の塗装面の違いを見極める



塗装面を見てもおそらく査定士でもない方が違いを見極めるのは難しい物です。

そこで、塗装面の手触りに注目してほしいのですが、板金塗装をした車の塗装面は、指で触ると若干ではありますが、凹凸があったり、ザラツキが有ったりするのです。

通常の新車塗装は、電子塗装をしている為、塗装量が均等で更には触った感じが滑らかなので、ザラツキや凹凸がある場合には間違いなく何かしらの理由により塗装をしたという証なのです。

その様な車を購入してしまうと、塗装している部分から塗装が剥がれたり、錆が出る事もあるため、購入は避けるべきだと言えるでしょう。

スポンサードリンク

シーリング材の違いを知る



車のドアの淵やボンネットの淵にはシーリングが施されています。

このシーリングは新車の場合には、工場で機械を使って行います。

その為、新車時のシーリングには段差や継ぎ目という物が無く、比較的均等に塗られています。

しかし、板金塗装や交換修理をした場合には、シーリングを作業員の手作業によって施す為、曲がりや段差、継ぎ目などが出てしまうのです。

また、シーリング部分を爪で押すと修理済み車の場合には「パリッ」という感覚がありますので、このような場合には修理済み車の可能性が高いので、購入はやはり避けましょう。

まとめ



この様に、見るべきところを知っているだけで、大きな事故をしていないような車でも、修理の有無を見分ける事ができる為、良い車と出会う事ができるようになるのです。

もしも中古車を購入する際には、今回ご紹介した部分に気を付けてみてくださいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)