冬にスタッドレスタイヤは常識?チェーンと併用すればお得になるの?

冬になってくると、スタッドレスタイヤの特売が始まりますよね。

更に最近では日本中で大雪に見舞われることになり、冬への備えが大切になっています。

特に普段あまり雪が降らない地域では、冬になってもノーマルタイヤで走行している人が多く、雪が降ってから慌ててスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを購入する人が多いようです。

しかし慌てて購入しようにも、地域のお店にも沢山の在庫は常備されておらず、購入できないという人が多いようです。

そんな事になる前に、しっかりと冬の備えはしたいもののスタッドレスタイヤとタイヤチェーンどちらを購入すると良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンどちらが良いのかご紹介します。

スポンサードリンク

冬にスタッドレスタイヤをはいていれば安全?



一般的に冬タイヤとも呼ばれるスタッドレスタイヤですが、スタッドレスタイヤとは、従来のスパイクタイヤのスパイク(スタッド)を無くしたタイヤの総称で、スパイクタイヤの様な路面の損傷などを克服したタイヤです。

このスタッドレスタイヤは通常のタイヤよりも溝が深く雪が溝に残りにくい為、雪道を走行する際に通常のタイヤよりもグリップ力やハンドリング能力が良く、豪雪地帯などでは冬の備えとされています。

しかし、スタッドレスタイヤは0℃以上の路面で使用をするとタイヤ自体の作動温度領域から外れる為、かえって危険を招く事があります。

また、乾いた路面を走行中は通常のタイヤよりも路面に接地する面積が少ない事からスリップなどの危険性まであるのです。

スポンサードリンク

タイヤチェーンって着脱が難しいイメージなんだけど



昔から、雪の日の必需品のように言われているタイヤチェーンですが、スタッドレスタイヤ以上に積雪走行時の走行性を向上させる効果があります。

自衛隊などでは夏場でも携帯されており、これは沼地等を走行する際にスリップ防止等の効果があるためとされています。

車の場合通常2本のタイヤに装着されていますが、より走行性能をアップさせるためには4本すべてに装着する様にするらしいのですが、この場合乗り心地が悪くなってしまします。

最近は非金属性のタイヤチェーンも販売されている為従来のタイヤチェーンよりも乗り心地は改善されています。

この様に、スタッドレスタイヤでは走れないような路面でも走る事ができる事から、脱着の煩わしさはあるものの、冬への備えとしておすすめなのはタイヤチェーンと言えるのです。

まとめ



もしタイヤチェーンを購入する際にはタイヤのサイズによってチェーンのサイズも変わりますので注意してくださいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)