車を買い替える際に保険の手続きは必要?見直しや切り替えのチャンスかも

車に乗っていると必ず「車買換えようかな」と思う事がありますよね。

車を買換えると、どのような手続きが必要かわからないという方も多いかもしれませんね。

特に車の任意保険に関しては、車が変わると自動的に変更になると思われている方も多いようです。

そこで、今回は車購入時の保険の手続きについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

車購入時が保険の見直しのチャンス?



車の保険を掛ける際に、ほとんどの方が保険屋さんの提案のまま保険を掛けられているかと思います。

その結果、本当に自分に有益な保険が組み込まれているのかわからないという方も多く、実際に事故に遭って初めて自分の車の修理代が出ない事に気付いたという方が多い理由なのです。

そこで、車を買換える際に、車屋さんで保険の見直しをしてもらうと、自分の保険に何が足りないのかがよくわかります。

見直しをしたからと言って、必ずしもその車屋さんで加入する必要はないのですから、車屋さんで、車を購入する際に「保険見直ししたいのですが」と一言いえば簡単に見直しをする事ができるのです。

その後、車屋さんで見直してもらった見積もりを、今お世話になっている保険代理店に持って行くと、その保険内容で保険を掛ける事ができるのです。

スポンサードリンク

保険の車両入替って?



皆さんは、保険の車両入替という言葉を耳にしたことは無いでしょうか?

この車両入替とは、保険の契約車両を変更するという意味の言葉です。

どういう事かと言うと、現在乗っている車から新しく乗り換える車に変更する事なのですが、これは実は自動的には変更されません。

なぜかと言うと、車の車検証情報は個人情報なので、車屋さんや陸運局から情報は保険屋さんへ提供されていないからです。

しかし、自賠責保険は変更になっているからと言われる方もいらっしゃいますが、自賠責保険は車を登録する際に必要なため、車検証ができるよりも早く車の車体ナンバーを利用して、保険を掛けるのです。

ちなみに、この自賠責保険が無いと、車両の登録ができませんので車検証も発行されません。

更に任意保険は、車の利用者が任意で掛けている為、どの保険会社に掛けているかわからないのです。

なので、利用者が自分で変更する必要があります。

まとめ



もしも、車両入替をしていない時には、事故を起こしてしまった際に保険が使用できない等の可能性がありますので、必ず車を買換えた場合には保険の代理店へ変更の連絡をするようにしましょう。

もしも、変更の仕方が分からない時には、自分がお世話になっている保険代理店の連絡先と担当者を車屋さんに伝えて「車両入替もお願いできますか?」といいましょう。

そうすると、車検証ができて納車をする前に代理店さんへ車検証をFAXしてくれますので、車両入替を忘れる事はありませんので試してみてください。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)