赤ちゃんにも便利なウォーターサーバーとペットボトルどちらがお得?

テレビやタウン誌の広告としてよく見かけるウォーターサーバー。

広告を読んでいると、なんだかとっても便利そうなイメージがしてきます。

「うちにも置いてみようかしら?」とウォーターサーバーの導入に迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなウォーターサーバーのメリット、デメリットをもとに考えてみました。



スポンサードリンク

ウォーターサーバーならお湯がいつでも使える



ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かすことなくいつでも必要なときに、必要な量だけお湯を使えます。

朝ココアやコーヒーを飲みたいときにとても便利です。

赤ちゃんがいる場合はミルクをすぐに使えるというメリットがあります。

ウォーターサーバーなら冷蔵庫のスペースをとることなく冷水がいつでも使えるペットボトルの水を冷やす場合、冷蔵庫のスペースを使用します。

しかし、ウォーターサーバーがあれば、冷やし忘れなどの心配もなく冷たい水がいつでも使えます。

ウォーターサーバーの利用で水を飲む頻度が増え、熱中症予防になる



ウォーターサーバーを目にすると、自然に水を飲もうという気持ちになることが多く、水を飲む頻度が増えます。

特に夏は、定期的に水分を摂取する必要があるため、ウォーターサーバーがあると安心です。

ウォーターサーバーは災害時も安心



ウォーターサーバーを利用すると、家まで水が届くため、重い水を運ぶ必要がありません。

また、災害時でも使用できます。

最近は、災害が日本各地で起きているため、水を買い置きしている方も多いと思いますが、ウォーターサーバーなら災害時でも安心です。

スポンサードリンク

料金はウォーターサーバーとペットボトルどっちが安い?



料金を比較すると、2Lペットボトルを使用した方が安いです。

500mLに換算すると、2Lペットボトルなら約24円程度です。

ウォーターサーバーはレンタル料やメンテナンス料、電気代もかかるためそれより高くつきます。

安く水を手に入れたい場合は2Lペットボトルがお得だと思われます。

まとめ



ウォーターサーバーなら、冷水、お湯をいつでも使用できます。

手軽にココア、コーヒー、赤ちゃん用のミルクが作れるのは最大のメリットです。

また、災害時にも、飲み水に困りにくいです。

しかし、ウォーターサーバーは設置スペースが必要になります。

また、レンタル料、メンテナンス料も必要になるため、2Lペットボトルを購入するのと比較し、結果的に料金が高くなります。

できるだけ安く済ませたい方にとっては、定期的に2Lペットボトルを購入するのが良いと思います。

便利さを求めるのであれば、ウォーターサーバーの導入がおすすめです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)