【 メンズブーツおすすめベスト4】人気ブランドの種類と特徴を紹介

メンズのみなさん、ブーツって持ってますか?

結構持っていない方が多いかもしれませんね。

ショッピングセンターやファッションビルにある靴屋なんかに入っても、ブーツって奥のほうにおいてあるからなかなか目にする機会もないし…って思っていませんか?


 

それにスニーカーやサンダルより値段が高いですもんね。

ブーツは数万円することなんてざらですから。

しかし、ブーツを1つも持っていないというのはファッションの幅をかなり狭めていますよ!

そこで、メンズが手に入れるべき4つのブーツブランドについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

おすすめメンズブーツNo.1のドクターマーチンの特徴



はい最高。

僕の大好きなブランドです。

なぜかというと、僕の大好きな「パンクロック」という音楽のジャンルと切っても切れない関係にあるからです。

黒のスキニーデニムにドクターマーチンの8ホールを合わせている人とは何時間でも酒が飲めます。

 

オタク的な話はさておき、ドクターマーチンは機能も優れているのです。

その名の通り、ドクターが作ったブーツです。

ソールが柔らかく、その重量の割に長時間歩いていても意外に疲れないブーツなのです。

 

おすすめメンズブーツNo.2のレッドウィングの特徴



レッドウィングとはアメリカで生まれたブランドです。

きっとその形を見たことがある人も多いかもしれません。

レッドウィングの特徴としては、まずその軽さでしょう。

もともと狩猟を行う人のために開発されたブーツであるため、とても軽く、ソールも柔らかく、活動しやすいようにできています。

 

また、ブーツといえば表面の革が足になじんでくるというイメージがあるかもしれませんが、レッドウィングの関しては足の裏まで自分の形にフィットしてきます。

これはインソールの部分にコルクが使われているため、使っていくにつれて自分の足の裏と同じ形にへこんでいくからです。

スポンサードリンク

お手頃価格がうれしいホーキンスの特徴



某アルファベットの靴屋さんでよく目にするブランドです。

とても安くて手に入れやすいのが最大のメリットですが、実はデザインも結構しっかりしてます。

前述のレッドウィングにめちゃくちゃ似てるモデルとかもありますしね。

このブランドは機能性に特化しているといっていいかもしれません。

ソールの軽量化や、アッパーが合否であるにもかかわらず通気性に優れているといった点です。

 

ティンバーランドの特徴



なんとなく大学デビューのヤンキーが履いているイメージが強いのですが(個人の見解です)、少しさかのぼると日本のヒップホップ界と切っても切れない関係にあったそうです。

スチャダラパーというヒップホップグループが雑誌でティンバーランドについて語っていました。

このブランドは基本的に太めのデニムと合わせやすいように感じます。

まさにB-BOYファッションですね。

まとめ



秋冬に活躍するこれらのブーツ。

ぜひ手に入れてファッションの幅を広げてみてください!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)