自動車の廃車や売却。ディーラーに依頼せず自分でやれば安く済むの?

車に乗っていると必ずしなければならないのが、車を手放すという事です。

今まで乗ってきた愛車との別れなのですが、車を手放す方法として大まかに分けて2つの方法があります。

スポンサードリンク

長年連れ添った愛車を手放す時



1つは下取りや買い取りと等の業者に渡す方法と個人で廃車や売却をする方法です。

業者に渡す際も、個人で売却する際にも名義変更という物をしなくてはいけませんし、廃車をする場合には廃車手続きが必要になります。

 

個人で売却する際の名義変更や廃車をする際の廃車手続きを個人でする事もできますし、手続きだけを業者に頼む事ができるのはご存知でしょうか?

 

今回はそんな手続きを自分でするべきか、業者に依頼してするべきかをご紹介しましょう。

 

■個人で廃車や名義変更手続きをする場合



個人で廃車や名義変更をすると、ほとんど費用は掛かりません。

登録自動車(普通車)の場合には根意義変更をすると車庫証明の費用に2,750円掛かりますが、後は陸運支局や役所での印鑑証明や住民票の取得にかかる料金などは数百円で済むでしょう。

しかし、書類を集めても陸運支局にて窓口を右往左往する必要があります。

スムーズにいけば数時間で終わりますが、書類に不備がある場合には一日掛かっても終わる事が無く、なかなかに面倒だというデメリットがあります。

というのも、私も車業界に6年間いましたが、名義変更や廃車の手続きを自分でするのはごめん被りたいというのが本音です。

スポンサードリンク

■手続きをディーラなどの車屋などに依頼する



 

車屋などに依頼をすると、実際に掛かる費用プラス手数料が必要になるため冒頭にお話ししたように、数千円から数万円掛かります。

これは、実は車屋さんが手続きに行くわけではなく、行政書士が手続きを代行するために手数料がかかるのです。

車屋もちゃっかり仲介手数料を取ってはいますが。

その為、手続きは必要書類を車屋で教えてもらえますので、その書類を揃えさえすれば簡単に手続きが終了します。

しかし、お金はできるだけ掛けたくないというのが、本当のところではないでしょうか。

車の買い取り業者を上手に使おう



その様な場合におすすめの方法があります。

その方法というのが、車の買い取り業者に売却するという方法です。

 

買取り業者に売却する事で、無料で廃車手続きなどをしてもらえますし、下取りや買い取り料も受け取ることができて一石二鳥です。

なので、車を手放す際には、車屋に依頼せず、知人や友人へ個人売買をせずに、買取り業者に売却する事が良いかと思います。

更に、もしも買い取り業者に売却する際は、車の一括査定を利用するとより高く売却する事ができるのでお勧めです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)