【交通事故は他人事?】知っていれば慌てない警察や保険会社への対応

最近交通事故に関してのニュースが多いような気がしています。

自分だけが注意していても,事故は発生してしまう物ですよね。

勿論自分が加害者になる事もありますし、被害者になる事もありますので、お互い様的なイメージもあります。

スポンサードリンク

しかし、被害事故の時にはほとんどの方がやりがちなのですが、加害者を責めてしまったという経験はありませんか?

車で走行中に、少年が運転する自転車が飛び出してきて接触事故を起こしてしまい、倒れている自転車の少年の胸ぐらを掴んで罵声を浴びせるような運転手までいるようです。

自動車事故を起こしたら、まずは警察へ連絡しましょう



自転車で飛び出してきたとはいえ、大人が子供相手に罵声を浴びせるなんてみっともないですよね。

事故を起こしてしまったときは、当事者同士での話し合いで済まそうとせず、まずは警察や救急に連絡を入れるのが好ましいです。

だけど、警察や救急に事故を起こしたと連絡を入れても、警察官が事故現場に来るまでには時間がかかります。

実は警察が来るまでにしておくと、実況見分やその後の流れが上手く片付いて事故現場に長居をしなくて済む方法があるのでお教えしますね。

警察に連絡をしたら次に何をしたらいい?



事故を起こしてしまったら、最初に警察や救急車を呼びますよね。

その後に、すぐ保険会社に連絡をするのではなく、相手の情報を聞くようにしましょう。

その時聞いておく情報は、名前、住所、平日昼間に連絡が取れる電話番号が好ましいでしょう。

なぜ、平日昼間に連絡が取れる番号かと言うと、保険会社に事故の交渉を依頼する際に、相手と電話をしてもらう必要があるからなのです。

保険会社からの連絡は、主に日中が多いため昼間の連絡先を聞いておくと保険会社が助かるのです。

事故相手の情報を聞き出した後にすること



事故相手の情報を収集したら、次に車の損傷個所を確認します。

これは保険会社に連絡する際に損傷場所を聞かれますので、スムーズに説明をするために必要なのです。

ここまで情報を整理していくと、発生直後よりも気持ちも落ち着いていますので、保険会社の事故受付番号へ電話をして、情報を伝えます。

その後警察が来るまでに、お互いの自賠責保険と車検証を準備しておくと、警察が到着した際に早く手続きが済みます。

警察の実況見分が終わると解散になるにですが、電話番号を解散する前に聞く方がいらっしゃいますが、これでは聞きそびれる事もありますので、必ず警察が来るまでには済ませておきましょう

スポンサードリンク

事故の損傷が小さかったら警察には届けなくてもいいの?



自動車事故を起こしても、車の損傷が小さいし実況見分が面倒だからという理由で警察に届けない方がいらっしゃいます。

ですが、警察に届けなければ事故証明が発行してもらえませんので、自動車保険が使えなくなります。

また、事故直後は元気でも時間差で亡くなる場合もあり、その際に警察を介入させていないと逮捕されてしまう事もありますので、事故を起こしてしまったらどんなに小さい傷であっても警察に届けを出す事は、自分の身を守る事に繋がりますので、必ず連絡をしましょう。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)