【マラソンの必須アイテム】機能性タイツの選び方と2社商品を比較

フルマラソンに挑戦する多くのランナーが、機能性タイツを利用しています。

機能性タイツは膝関節をサポートしたり、筋肉疲労を少なくしたりする効果があります。


しかし、様々なメーカーが機能性タイツを販売しており、どれにするか迷う方が多いのではないでしょうか。

フルマラソンを走る仲間からの意見をきき、有名な機能性タイツを比較してみました。

スポンサードリンク

よく知られているワコールの機能性タイツ、CW-X



ワコールの機能性タイツ、CW-Xには様々なタイプがあります。

「とまる」「ねじる」から守るジェネレーターモデル、膝や腰に負担のかかりやすい動きに対応して、長時間しっかり守ってくれるスタビライクスモデル、ひざを集中的に守るエキスパートモデルなどがあります。

フルマラソン初心者で、体力に自信のない方はジェネレーターモデルかスタビライクスモデルがおすすめです。

CW-Xのジェネレーターモデルは、1番値段が高いです。

しかし、何度かフルマラソンに挑戦し、いろいろな機能性タイツをはいたことのある方の意見によると、次の日のリカバリーが全然違うそうです。

それだけ、筋肉のサポート効果が高いといえます。予算上大丈夫なのであれば、一番おすすめです。

スポンサードリンク

サポート力の強いミズノのバイオギア



下半身の筋肉や関節をしっかりサポートしたい場合、ミズノのバイオギアがおすすめです。

CW-Xよりも値段が安いため、手をつけやすいです。

私はフルマラソンに初挑戦した際、ミズノのバイオギアを選びました。

下半身がフルマラソンに耐えられるか、自信がなかったため、サポート機能の強いタイツが欲しかったという理由と、予算を考慮して選びました。

素足で走るよりも、足が自然に前に出る感じがありました。

また、走るといつも膝が痛くなっていたのですが、バイオギアをはいて走ると痛みがあまり出ませんでした。

慣れるまで少しはきにくいと感じる場合もありましたが、その分しっかり固定されている感じがしてよかったです。

まとめ



フルマラソンで足を傷めずに完走するためには、機能性タイツが必須アイテムです。

しかし、機能性タイツは値段が高いため、購入を迷う場合もあると思われます。

フルマラソンでサブスリー、サブフォーを狙うなど、がっつり取り組む方はCW-Xのジェネレーターモデルが良いと思います。

フルマラソン初心者で、機能性タイツを使用したことがなく、お試しで使用したい方は、ミズノのバイオギアが手をつけやすいです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)