【要確認】格安スマホへ乗り換える前に注意しておくべきことって何?

まず、自分が毎月どの程度の時間通話をしているか、どの位の通信データを使用しているかを確認しておきます。

また、クレジット決済のみというケースも多いのではと考え、現金数万円に加えて、買いに行くときはクレジットカードも用意しておきました。

スポンサードリンク

毎月の通信データ量は知ってる?



使用した月々の料金は知っていても、通信データ量は知らない人も多いのではないでしょうか?

プランを選ぶときには、絶対に知っておかなければならない項目です。

平均して3つ~4つはある基本プランを選ぶときにも、迷わずに決断するために、チェックしておくべきポイントなのです。

さらに、余ったデータ通信を繰り越せるかどうかなど、オプションも様々。

店頭に行く前に、この様なプランも頭に入れておきましょう。

まずは知名度の高いワイモバイルへ



どうしても迷ってしまった場合は、最初は最低料金のプランを選んでおいて、使ってみてから変更しようと考えて、いざ「Y!モバイル」の店頭へ。

まずは準備の1つとして、ウェブメールを所持していない方は必ず新しくウェブメールを作ります。

Google、Yahoo!など、どのメールでも構いません。

Googleプレイなどアプリのダウンロードにも使用するため、Googleがおすすめですよ。

現在使用している端末に格安SIMを挿入した場合、即時にキャリアメールが使えなくなってしまうため、要注意です。

スポンサードリンク

LINEモバイルはどんな格安プランがあるの?



「Y!モバイル」以外の格安スマホは、どうなのか?と気になる方へ、少しだけ別の格安スマホのご紹介を。

まず、「Y!モバイル」の格安スマホと迷ったのは「LINEモバイル」。

LINEをはじめ、特定のSNSがデータ通信の消費なしで使えるプランがあります。

データ通信量・3GB、通話料・30秒20円、月額・1690円です。

これが一番人気のプランです。やはり通話料は高めですが、LINE電話を使用すれば問題ありませんね。

さらに、月に最大30GBという大容量もあり、使用頻度に合わせて自由に選ぶこともできます。

私は、家ではWi-Fi経由でインターネットに接続し、外出先ではほぼ使用しないという事から、最安値のプランを選択しました。月々の使用料は1700円程度です!

人気のiPhoneを格安で利用するには?



機種も選べるという事になれば、人気のiPhoneも気になるところですよね

アップルストアや中古でiPhoneのSIMフリー端末を買って、格安SIMを挿入するだけで使用が可能です。

しかし、iPhoneのSIMフリー端末は価格が高く、初期費用が発生します。

「UQモバイル」と「Y!モバイル」であればSIMカードとセット販売をされていますが、機種が限られてしまいます。

必要不可欠でなければ、iPhone以外の機種に変更することがおススメです。

スポンサードリンク

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)