愛犬のペット保険どこがいい?加入するタイミングと評判を厳選

人間の保険は分かるが、ペットに保険とは?と考える方も多いのではないでしょうか。

加入しないという選択をされる方も多いようですが、加入は必要であると考えます。

スポンサードリンク

ペットショップから迎え入れた場合、契約時に加入すると保険料が安くなるといったサービスを行っているショップもあります。

ペット保険に加入するタイミングは?



保護や譲り受けた場合でも、子犬を家族として迎え入れた時に加入することがおすすめです。

子犬は環境の変化などで体調を崩すことも多く、好奇心が旺盛であるため誤飲による事故も起こりやすいです。

手術が必要になると治療費は数十万円になります。

成犬でも加入は可能ですが、持病や病気治療中であると加入が出来ない場合も多いのです。

保険会社は多数あり、どこが良いのか分からないということで加入を見送っている方も多いはず。

どうしても治療が必要な病気やケガなのにも関わらず、高額であり支払いが出来ないという理由で治療が出来なくなることも。

最良の治療を受けさせるためにも、ペット保険に入っておくと安心です。

ペットの病気や手術。いくらくらい必要?



ペットがケガや病気になった時の治療費は、全額飼い主さん負担になります。

実際に、骨折の場合、手術費と術後の入院費・通院費合わせて20万円以上かかる場合があります。

しかし、加入するプランによっては、ペット保険に入っていると1万円程度で済んでしまう場合もあります。

固定する器具も、使い回された中古のものではなく、新品を使用して治療をしてあげられます。

保険契約から開始までの待機期間がある場合や、加入前の既往歴や現病歴に関わる疾患には適応されないこともあります。

内容はとても細かく、確認することが面倒だと感じても、しっかりと確認しておくことが大切です。

スポンサードリンク

保険料と補償内容のバランスで選ぶなら



2016年には、顧客満足度第1位を獲得したペット保険「ペットメディカルサポートPS保険」は、保険料も安くおすすめです。

プランは3種類あり、通院・手術が年間最大20万円ずつ、入院が年間最大60万円となっています。

また、歩行困難になった場合、車いす費用が最大10万円補償されるという特徴も魅力です。

まとめ



ペットを飼う人が増え、もともとは人間の保険を専門に扱っていた会社もペット保険に参入してきています。

しかし、人間の保険で評判が良くても、ペット保険では扱いが雑になるケースがあり、突然契約を打ち切られるなどということも多いのです。

契約時の保険内容は、翌年になって変わっていることもあります。

送付されてくる書類は、毎年必ずチェックしておくことが大切ですね。保険会社選びはとても重要ですね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)