中学生高校生におすすめ!百田尚樹「永遠の0」の読書感想文書き方例

既に、読まれた方や映画を観られた方も多いのではないかと思いますが、百田尚樹さんの「永遠の0」という小説を読んだので、感想を記載させていただきます。


スポンサードリンク

戦争ものが得意ではなく敬遠していたのですが、夏のお盆休みを機に読んでみることにしました。


結論としては、非常に面白かったです。

難し過ぎず、軽過ぎずといった感じで、戦争の情報と物語りの面白さの両面を持った本だなと感じました。

主人公が、戦争を戦った自分の祖父の話を聞いてまわるという流れになっているので、戦争体験者のインタビューをして回っているような感覚で読むことが出来ます。

おおまかな戦争の話だけでなく特攻隊員の話が中心になっているので、海軍の戦史が中心になっています。

有名な戦場となった真珠湾攻撃やガダルカナル、ミッドウェーの戦い、レイテ沖海戦、沖縄戦など、各戦局の戦いなどについて知ることが出来ました。


百田さんの知識と取材などから、現実に限りなく近い話なのではないかと思いますが、実際に戦争体験者から直接話しを聞いているかのような感覚になりました。

戦争の悲惨さと、平和とはといったテーマについて改めて考えさせられました。

スポンサードリンク

当時の軍人の上級士官の中には理不尽な人格を持った人が多くいたようで、下士官がつらい思いをすることが多々あったということもわかりました。

また、大本営や軍令部などの参謀などの上階層の人達が、兵隊の命を虫ケラ程度に思っていたということなどもわかり、ショックでした。

こういった細かい箇所も、豊富な文献と史実からたくさん書かれているので勉強にもなりました。

戦争ものは苦手で、あまり勉強してこなかったので、自分なりに色々な他の戦争本を読んでみようという興味が駆り立てられた良いきっかけにもなりました。


今、日本のおかれている状況を見て、北朝鮮からの驚異や平和というものに至るまで真剣に考える良い機会になったと思っています。

また、「戦争に興味がない・・」とか「敬遠している・・」という方にも興味が出てくるような内容になっていると思います。

映画も公開されていますが、主人公と登場する特攻隊の話のあらすじだけでなく戦争について詳しく知ることが出来たので、本で読んだ甲斐があったなぁと思いました。

ちなみに、「永遠の0」は、平成に入ってから最も売れた小説だそうです。

非常に面白い小説だったので、気になった方は読まれてみてはいかがでしょうか!?

物語も歴史事実としてもおすすめの書籍だと思いました。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)