青汁にダイエット効果を求める?ケールと大麦若葉どちらを選べばいい

大きなスーパーに行くと必ずといっていいほど試食試飲コーナーがありますよね。

この試飲で人気の商品のひとつ、それが青汁なんです。


スポンサードリンク

長年多くの人に愛されている青汁ではありますが、初めて手を出す人にとってはその魅力、分かりづらいですよね。

野菜不足は気になるけど…、いろいろあってどれがいいのか決めきれない。

そう思っていたのですが、自分にあった青汁を選ぶコツがありました!

青汁は健康にいいっていうけど本当?



青汁が体にいいといわれるのは、ずばりその中身にあります。

野菜不足を補える!



緑黄色野菜を日常的に食べるのは簡単ではないですよね。

とくに独身の方やお子さんは食事が偏り気味です。

それが青汁ひとつで補えるんです!

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは青汁にも豊富に含まれています。

青汁ならミルクやジュースに混ぜて摂取できます。

調理もいらず手軽に栄養補給ができるんです。

豊富な食物繊維で便秘対策にぴったり!



青汁には豊富な食物繊維が含まれています。

とくに便秘が気になるという方には、食物繊維の多い青汁がおすすめです。

腸を動かしきれいにすることで、免疫力のアップ、美容にもつながります。

美肌に必要なビタミンがたっぷり!



美肌に良いとされるビタミンC、ビタミンE!

これらを一緒に摂取できる青汁は効率がいいんです。

特にビタミンEは血行を促進し、新陳代謝を上げてくれる大切なビタミンです。

肌のターンオーバーを助けるだけでなく、冷え性の解消を助けてくれるビタミンでもあります。

便秘予防には食物繊維が多い青汁がベストですが、具体的にどんな青汁を選べばよいのか。

青汁は種類が多く、迷ってしまいますよね。

これだけはチェックしておこう!という点を紹介します。

スポンサードリンク

ケールと大麦若葉、どっちを選べばいいの?



ケールと大麦若葉は、青汁によく使われている原料です。

ケール入りの青汁と大麦若葉入りの青汁で分かれていることが多く、どちらがいいのか、迷ってしまいますよね。

このふたつ、実は期待できる作用がまったく違うんです。

違いを知ることで、迷わず選びましょう!
ケール
ケールに期待できるのは、血糖値、コレステロールなどの生活習慣病にかかわる作用です。
検診に行くといつも注意されるけれど、どうすればいいか分からない、なんていう人はケール入りの青汁を試してみるといいかもしれません。

大麦若葉
大麦若葉に期待できるのは、便秘の解消、肌荒れです。食物繊維を豊富に含む大麦若葉は、ダイエットにもおすすめされる青汁です。

特に大麦若葉は苦みが少なく飲みやすい原料として有名です。

青汁が初めての方には大麦若葉が飲みやすいですよ。

ほかに、合成添加物不使用、フリーズドライ製法にこだわるとより良い青汁に巡り合えますよ!

まとめ



青汁は薬ではないので、飲めばすぐ痩せられる!元気になれる!というものではありません。

青汁で健康を維持するコツは、続けることです。飲み続けることで、少しずつ不調を減らしていく。

そのためにも続けられる青汁を選ぶのが一番です。

手に入りやすく、飲みやすいと感じる青汁を選びましょう。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)