大切なペットのための保険とは?ペット保険に入るメリットはある?

ペットとの生活を安心で充実したものにするのであれば、ペット保険に加入することがおすすめです。

保険は万が一の時に、医療費の実費を減らすことができます。


スポンサードリンク

大切なペットが、ケガをしない保証も病気にならない保証もありません。

犬がヘルニアになったら治療費はいくら必要?



犬に多いヘルニアを例に紹介します。

外科手術が必要な場合、診察料・レントゲン検査・CT検査・血液検査・麻酔・手術・3泊入院と仮定して計算すると、小型犬で160,000円を超えます。

退院した後も薬代や通院時の診察代が必要になります。

ペット保険50%のプランのプランに加入していれば、治療費が半額で済みます。

ペット保険で有名なアニコムでは、保険の請求もオンラインで行うことが可能となっています。

ペットの保険会社や加入プランを選ぶ時のポイント



これから加入を考えている場合、保険会社やプランを選ぶ時のポイントは、
  • 保険料
  • 補償内容
  • 補償割合
  • 請求方法
  • 補償期間
などを比較しましょう。

ペットの種類やかかりやすい病気を考慮した上で、補償内容と保険料のバランスを重視して選びましょう。

保険加入前にチェックしておいたほうがいいことは?



また、発症率が高い傷病が補償されているかどうかも重要です。

我が家の様に、犬に発症率が高いヘルニアや骨折などの怪我に対して補償がされているかどうか、加入前に細かくチェックをします。

他には皮膚炎・外耳炎・胃腸炎・腫瘍・てんかん・歯周病なども多い病気です。

大型犬には胃捻転も多く、年齢や犬種によって様々です。

スポンサードリンク

保険に加入していても補償対象外になることも



基本的に、ペット保険は事故で発生する傷病は補償してくれません。

狂犬病やジステンバー・パルボウイルス・コロナウイルス・フィラリアなど、予防可能な病気に関しです。

しかし、ワクチン接種をしたにも関わらずかかってしまった場合、補償してくれるのでご安心を。

また、犬に多い誤飲や歯科治療、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼など先天的・遺伝的疾患も補償してくれない保険もあるため、注意しましょう。

年齢が高いほど保険料は高くなる



保険は、加入する際の年齢が高ければ保険料も上がってしまいます。

また、ペット保険は、加入可能な年齢に制限を設けています。

人間と同様ですね。

アニコム損保では、満7歳11ヶ月までしか加入できません。

シニア期に入ると、ほとんどの保険会社では新規での加入が出来なくなります。

出来る限り早い段階で、ペット保険への加入を検討してみましょう。

まとめ



保険料は、保険会社やペットの種類、補償内容によって細かな違いがあります。

ペットの寿命も延びてきているため、13~15歳くらいまでを目安に計算をしましょう。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)