急な発熱、風邪。市販の風邪薬を使う際の注意点は??

急に熱が出て困った、大事な用があるのに風邪をひいた、風邪をすぐに治したい。

そのようなお悩みを経験したことのある方が多いのではないでしょうか。



スポンサードリンク

そんな時、市販の風邪薬を使用するケースがありますよね。風邪薬を選ぶ際の注意点についてお伝えします。

風邪のひき始めは葛根湯がおすすめ!



喉が少し痛い、咳、鼻水が出る、寒気がするなど、風邪のひき始めかな?と思ったときは、葛根湯がおすすめです。

葛根湯を飲むと、回復がはやく、風邪がこじれないことが多いです。

しかし、葛根湯は、風邪のひき始めに飲まなければ効果がありません。

少し異変を感じたら、すぐに飲むことが大切です。

解熱鎮痛剤「ロキソニン」は要注意!



使用される頻度が多いロキソニン。

身近な薬の1つになっているのではないでしょうか。

手軽に使用することの多いロキソニンですが、注意点があります。

ロキソニンは子供に使用することができません。

ロキソニンは、子供への安全性は確立されていないのです。

また、ロキソニンを飲むと胃腸障害が出ることや、腎臓の機能に障害がでることもあります。

腎臓が弱っている高齢者の方は注意が必要です。

子供に使える解熱鎮痛剤はアセトアミノフェン!



子供によく使用される解熱鎮痛剤は、アセトアミノフェンです。

ロキソニンに比べ、なじみのない方が多いと思いますが、市販薬の小児用バファリンにも含まれています。

しかし、子供は大人よりも頻繁に熱を出します。

熱が上がることで、体内のウイルスや細菌と闘っています。

そのため、むやみやたらに解熱鎮痛剤で熱を下げるのは危険です。

高熱が出てつらそうで、やむを得ず解熱鎮痛剤を使用する際は、子供に使用できるものか必ず確認しましょう。

スポンサードリンク

「抗ヒスタミン薬」が含まれている風邪薬は眠くなる!



車の運転をする方や、大事な用がある方は、眠くなると困りますよね。

風邪薬によっては、眠くなる成分「抗ヒスタミン薬」が含まれているものがあるので注意が必要です。

よく耳にするパブロン50は、眠くなる成分が含まれていません。

状況に合わせて、眠くならない風邪薬を選択することが大切です。

まとめ



風邪をひいた際、病院には行かず、市販の風邪薬で様子を見ることが多いと思います。

風邪薬は気軽に使用することが多いですが、間違った使い方をすると、身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、子供に使用すると危険な風邪薬もあります。

風邪薬は、注意点を把握した上で選択する必要があります。


管理人からのお願い

小さなお子さんが発熱した場合は、自己判断で薬を与えるのではなく、病院で診察してもらうのが大事です。

子供の病状は変わりやすく、一気に悪化する可能性があります。

最悪の場合、死を招くこともあります。

先日も、2歳の子供が熱を出して保護者が自己判断で解熱剤を投与。

しかし、熱は下がらず診察を受けるとRSウイルスに感染していたというお子さんがいました。

子供の健康は、親がしっかり管理してあげましょう。


スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)