【初心者にもおすすめの文庫本】東野圭吾著「流星の絆」を読んだ感想

東野圭吾さんの小説が好きで、それなりの作品数を読んでいます。

東野圭吾さんの作品は有名なものが多く、テレビドラマや映画化もかなりの数がありますね。



スポンサードリンク

 

新参者シリーズはドラマ化もされましたし、ガリレオシリーズのファンという方も多いかもしれません。


過去には、年始のスペシャルドラマなどで「眠りの森」なども放映されました。

「麒麟の翼」「百夜行」「秘密」「天空の蜂」といった作品は映画化もされています。

また、近く「ナミヤ雑貨店の奇跡」「祈りの幕が降りるとき」といった作品なども映画として公開されるようです。

その他にも、有名なところだと「宿命」「夢幻花」「手紙」「マスカレードホテル」「ダイイングアイ」といった作品などがあります。

自分もここに挙げたものはもちろん他にも読んでいるので、東野さんの作品の全体の8割くらいは読んでいるのではないかと思います。

スポンサードリンク

その中でも、一度にひっくり返すどんでん返し率では「流星の絆」が、一番ではないかと思います。

物語りは、洋食店「アリアケ」の3人兄弟として育った主人公が幼少の頃、流れ星を見に外出している時に、両親が惨殺されます。

14年経ち犯人が捕まらず、大人になってからも犯人探しが続きます。

本来であれば、簡単に進むはずの犯人探しも3兄弟が大人になってしている仕事内容が邪魔をしてしまい、なかなか進まなくなってしまいます。

その中で少しづつ怪しい容疑者が絞れてくるのですが、しかし、真相は最後に思わぬ方向からやってきます。

ネタバレは出来ませんので含みのある表現になってしまいますが、これがおおまかなあらすじとなります。

ずっと読んできて、事件の全貌が少しづつ分かってきたところで、最後にどんでん返しがあります。

その犯人に、思わず声をあげてしまいそうになりました。

東野圭吾さんの作品はどれもそうですが、登場人物の数の程よく、混乱せずに読みやすいにも関わらず、プロットがしっかりしていることが特徴だと思います。

また、犯人あてだけのために物語があるのではなく、街の情緒や空気感が伝わってくるような”小説”として楽しめるところが好きです。

物語の内容を文字にすれば200文字程度で説明できてしまいそうですが、本の楽しみ方、小説としての面白さは、それ以外の部分に多く含まれると思っています。

なので、「流星の絆」は小説(本)としてもおすすめだと感じました。

文章も読みやすく物語も頭に入ってきやすい本なので、是非、読まれてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)