音楽のジャンルが分からない? 大人向けな4つのジャンルをご紹介

みなさん!音楽は好きですか?

音楽好きというのはいくつになっても続く趣味みたいなものなので、きっと音楽好きな大人は多いと思います。

スポンサードリンク

しかし、年を重ねるとになると音楽シーンを追いかけたり新譜をチェックする時間がない…

そのせいで最近だとめっきり聞かなくなった…

こういう人も少なくないかもしれません。


そこでお薦めしたいのが、「音楽をジャンルで聞く」ということです!

好きなジャンルが見つかればネットラジオなどで流しっぱなしにしておけばいいわけですからこれは楽です。

そこで、音楽シーンを負うのに疲れた音楽好きな大人へ送るお薦めジャンルをご紹介します!

クラシック



大人が聞いている音楽といって真っ先に思い浮かぶのはクラシックではないでしょうか。

でもクラシックのタイトルって交響曲第何番~~とかでわかりにくい!

そんなときは作曲家で絞って聞きましょう。

ショパンやベートーベンなどたくさんいますが、私のおすすめは何といってもバッハです。

テレビ番組なんかでもよく使われるのできっと聞いたことある曲があることでしょう。

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文


ジャズ



クラシックはタイトルが長くてよくわからないとすれば、ジャズは「何をやっているのかがよくわからない」と感じることが多いかもしれません。

ここで1つの曲をご紹介して、いったい何をやっているのかをご説明しましょう。

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文



0:20~0:55までが「テーマ」と呼ばれるこの曲のメインメロディです。

0:56~2:33ここではギタリストがこの曲に合わせてアドリブをしています!

2:34~4:05ここからがピアノのアドリブですね。

4:06~5:04ここは「8バース」と呼ばれ、ギターとピアノが8小節ごとにアドリブでソロを回しています。

5:05~ここで再び最初のテーマに戻ってきて終了です。


ジャズの難しさはそのアドリブにあると思います。

しかし、その一回の演奏しかないアドリブこそがジャズの魅力とも言えますね。

レゲェ



レゲェと聞くと湘南之風のようなジャパニーズレゲェを思い浮かべるかもしれませんが、本場のものはだいぶ毛色が違います!

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文


お薦めはブジュバントンです!

本場のリズムや声でありながらも日本人にも親しみやすいレゲェだと思います。

スポンサードリンク

R&B



渋い大人のメロウな時間をお届けする。

これはR&Bにしかできないのではないでしょうか。

派生ジャンルがとてつもなく多いという特徴があるのがR&Bですが、ここで1つ王道をご紹介します。

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文


90年代の曲ですが、皆さんが抱いている「R&Bとはこういうもの」というイメージがそのまま詰め込まれていると思います!

まとめ


さて、ここまで4つのジャンルを紹介してきました。

しかし音楽には当然これ以外にも様々なジャンルが存在します。

なので、今回の記事をきっかけに、音楽をアーティストではなく、気分に合わせたジャンルで聞くということが出来るようになると、新たな音楽の楽しみ方が広がると思います!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)