ビールが飲めない?!苦手なビールが飲めるかもしれない4つの方法

みなさんお酒は好きですか?!

大人になったら何かとお酒にかかわる機会が多いかと思います。

スポンサードリンク

その中でも特に触れる機会の多いお酒といえばやっぱりビールなのではないでしょうか。

居酒屋で席に着いたら「とりあえずビールで」といって人数分のビールが中も産されることもしばしば。


しかし、すべての人がビールをおいしく飲めるわけではありません。

今回はそんな人でもビールが飲めるようになるかもしれない方法をご紹介します!

極限まで喉を乾かしてみる



嫌いな食べ物でも極度の空腹状態ならおいしく感じられるというのと同じ理論ですね。

この方法は何もビールが嫌いな人が飲めるようになるためのコツというわけではなく、ビールが好きな人がよりおいしく飲むために実践している方法でもあるのです。

やはり喉が渇いた時に飲むビールは、ビール好きとしては最高です(笑)

喉ごしを楽しんでみる



この方法を言葉で説明するのは難しいのですが、一言でいうのなら「口の中にためずにそのまま飲み込む」といった感じでしょうか。

通常のジュース等であれば口の中、つまり舌で味わいますが、ビールは舌で味わっても苦いだけです。

おいしいと思う人の多くは舌では無くその奥にある喉で楽しんでいる場合が多いです。このことを意識しながら飲んでみると少し違ってくるかもしれません。

スポンサードリンク

まずはビアカクテルから始めてみる



みなさんはシャンディガフというカクテルをご存知でしょうか。

これはビールをジンジャーエルで割ったカクテルなのですが、驚くほどビールの苦みが和らげられているのです!

もしこれが飲めるのであれば、徐々にビールの割合を増やしていくことで最終的にはビールが飲めるようになるかもしれません!

ビールに慣れるまで頑張って飲んでみる



元も子もない方法ですいません。(笑)

しかしこれが実は理に適っているのです。

私の周りにも「とりあえず乾杯の一杯だけ飲んでいたらいつの間にか飲めるようになっていた」という人が多いのですが、これはただビールの苦みに舌が慣れたにすぎません。

とうのも、コーヒーやタバコ等を含めた嗜好品というものはそもそもおいしいと感じるものではないそうです。

しかしカフェインやニコチン、アルコール欲しさに摂取していくうちに舌がマヒしておいしいと感じるようになるそうですよ!

まとめ



ビールを飲めない人の中でも、「自分も飲めればなぁ…」と感じている人は意外と多そうです。

そんな人は安心してください。

誰でも最初は「何だこの苦い飲み物」って思ってますから(笑)

ただし注意してもらいたいのは、体質的にアルコールがダメな人もいるということです。

そこらへんに気を付けて、楽しくお酒を飲んでください!

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)