七五三っていつやるの?着物はレンタル利用で賢く節約生活

七五三とは3歳の男児と女児5歳の男児7歳の女児11月15日にお宮参りをして、子供の成長を祝う行事です。

スポンサードリンク

七五三っていつやるの?



近年では11月15日だけではなく、10月から12月の吉日や土日祝日などを利用してお祝いやお参りされることが増えています。

基本的にはお宮参りをした地元の神社(氏神)へ行くしきたりになっていますが、御祈祷をしてもらえる大きな神社、人気の高い神社やお気に入りの神社、近場の神社など最近は人によってさまざまです。

七五三は11月15日じゃないとダメ?



昔は11月15日を七五三の日として祝う習慣がありました。

しかし近年では「11月15日付近」から「11月中の土日祝日」さらに「10月~12月の都合の良い日にち」へと変化してきています。

せっかくのお子様のお祝いなので、11月15日付近にこだわるよりも、ご家族が揃ってお祝いできる日にちに調整する方が大切だと思います。

3歳の七五三って、どんな意味があるの?



3歳の七五三は、男女ともに髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」という昔の儀から伝わるもので、お子様の健やかな成長をお祝いするためのものです。

女の子は着物の上から被布を、男の子は羽織袴を着るのが主流になっています。

七五三衣装は購入かレンタル?



一生に一度のイベントである七五三。

せっかく着物を購入しても数回しか着ないのだったらもったいないですよね。

だったら着物レンタルを利用してみてもいいかもしれませんね。



七五三の着物レンタルをした体験談を紹介します



我が家には子どもが3人いるのですが、それぞれ七五三の際には全て着物はレンタルで用意しました。

個人的に購入する場合と比べてお得だと思うのは、やはりその価格です。

大体、七五三用の着物は、高いものだと3万円近くになります。

1回の着用で終わってしまう可能性が高く保管場所も困るものに、そこまでのお金を出すのはやはり抵抗があるのです。

ところがこれがレンタルになると、およそ半額の費用で済みます。

記念として買うのも悪くないという考えの方もいるでしょうが、こうしたメリットもあり私は毎回購入を避けているわけです。

インターネットが普及するようになってからは、更に便利になりました。

日本全国どこでもネット注文で借りられるようになり、サービス内容もどんどんと充実しています。


例えば2番目の子の七五三のときには近くのお店で既に在庫が切れてしまっており、どこで借りればいいのか困り果てていた時期がありました。

日もあまりなかったので、最悪着物は諦めようかとも考えていたくらいです。

ですがダメ元でインターネット上の業者さんを利用してみると、送料も無料で注文から僅か1日で配送してくれたのです。

これには感動しましたし、この経験から3番目の子のときもネット注文で借りようと決めました。

レンタル品と聞くと、中古感があり嫌だという方もいるかと思います。

確かに以前他の誰かが着用したであろうものを借りるのには間違いないのですが、見た目的には全く問題がありません。

私の経験上では、これまで借りたもの全て新品同然の見た目でした。

こういったところはお店側もプロですから、一流のメンテナンスをした上で貸し出しをしているのです。


しかも返却時には、こちら側が自主的にクリーニングなどをして返す必要はありません。

それなりにキレイに畳んでバッグに収納しておくだけで、もう返却完了になります。

余計な気遣いは無用ですから、仮にこうしたことが懸念材料になっている方は安心して借りてみてほしいです。


それと女の子は、髪飾りなども一緒に借りられます。

我が家は長子が女の子で、初めての七五三では随分と髪の毛のセットにも力を入れました。

小さい女の子は髪飾りや装飾品などがとても好きですから、一緒に借りたときの嬉しそうな顔は忘れられません。

もちろん小物類は安いので、別に購入してもいいでしょう。

その代わり同じお店で用意した方がコーディネートがしやすいので、購入するにしてもレンタルした店と同じところをオススメします。

子供だもの。破損させてしまうことも



話は変わって、借り物で最も怖いのが破損させてしまった場合です。

実は私は1回それを経験し、当時はとても冷や汗をかきました。

あれは3人目の子どものときです。その日は七五三当日で、子どもは神社の階段で嬉しそうにはしゃいでいました。

しかし勢い余ってしまい足を引っ掛け、着物の裾部分が軽く破れてしまったのです。

おめでたい日だったのにも関わらず、そのときは結構な勢いで子どもを叱ったと思います。

帰宅後私はすぐ、お店に謝罪の電話と弁償手段の相談をしました。

これは数万円単位の話になるかもしれないと、大きな覚悟をしたのを覚えています。

そんなときに、お店からは意外な言葉が返ってきました。

それが、特別な費用は要りませんのでそのまま返却してくださいというものだったのです。

何と驚くことに破損によって生じた修繕費用は、全てお店側で負担していただきました。

色々お話を伺ってみると、子どもが着るものなので破損は珍しいことではなく、それを承知の上で貸し出しているようでした。

とはいえまさかの返答とホッとした気持ちが相まって、そのときは全身の力が抜けたものです。

同時により一層、レンタルという選択への信頼も高まりました。

スポンサードリンク

こういった話からも、いかに購入する場合と比べお得なのかが分かるかと思います。

最初にも触れましたが着物は子ども用のものでもスペースを取るため、特にお子さんの沢山いるご家庭では家計の面や収納事情の面から助かるのではないでしょうか。

少なくとも我が家は3人ともそうしたおかげで、出費を抑えることができ有難かったです。

困った!?着物の着付けどうしよう



1つ注意点を挙げるとするならば、着付けのことがあります。

ネット注文でも着付けの仕方を書いた資料が同封されはしますが、着させる親にとってはとても難しく重労働です。

そのため初めての七五三のときには、お店へ直接出向き店員さんからアドバイスをいただくことをオススメします。

私もそうしましたし、そのおかげで2人目以降は自力で着させることができるようになりました。

ネットを利用して借りるのは、絶対とは言いませんが1人目のときには避けた方がいいでしょう。

最後になりますが、着物を借りられて本当に我が家は助かりました。

実はもうすぐ4人目を出産予定で、また子どもが1人増えます。

きっと4人目の子どもにも、同じようにすることでしょう。

再三ではありますが経済的にも非常に優しいですので、私は手放しでレンタルをオススメしたいです。

まとめ



慣れてしまえば着物の着付けは難しくはないんですよ。

だけど、洋服に比べて着物を着るのは面倒なことがいっぱいです。

ヘアーセットと一緒だったら、持ち込みの着物でも着付けをお願いできる美容院もまだまだ存在していますよ。

こどもの時間は、一瞬モノで、一生モノです。

お子様の健やかな成長をお祝いして、思い出に残るかけがえのない時間を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)