【七五三の服装】購入より親子でレンタルを利用すれば節約できる

11月15日は、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる七五三です。

綺麗に着飾り、写真館で写真撮影をしたり、神社へお参りに行ったりと、親にとってはとても大切な行事の一つですよね。

ですが、意外と七五三の由来って知らないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも、七五三って何なの?



七五三の由来って何なのか気になりますよね。

調べてみると、いろいろな説があるのですが、天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力とされています。

元々は、関東圏の地方風俗だったそうですが、現在では全国で盛んに行われている年中行事になっています。

七五三で親はどんな服装をしたらいいの?



七五三は子供が主役のイベントなので、つい「子供にどんな着物やドレスを着せようかしら~」と思いがちですが、一緒にお父さんお母さんの服装も考えたほうがいいですよ。

着物やスーツなんて、普段着ない人は特に要注意です。

虫食いやサイズが変わって着られない…なんてことにならないためにも、早めに確認しておきましょうね。

七五三の体験談をいただいたので紹介します



 

自分のイベントごとにはこれまであまり興味がなかった私ですが、娘が生まれてからは季節のイベントを大事にするようになりました。

それは夫も同じようで、二人そろって不精だったのがすっかり変わり、子供を中心にして色々とお出かけもするようになりました。

両親や義父母も喜んでくれて、家族全員でたびたび行事を楽しんでいます。

そんな私たち一家にとって、娘の七五三は一大事です。

せっかくなので可愛い着物を着てもらいたいし、家族揃って写真も撮りたいと思い、着物は種類の多いレンタルで選ぶことにしました。


レンタル着物は娘が三歳だった当時に一度お願いしたことがあって、その時にバリエーションの多さや使いやすさからすっかりファンになっていました。

着物を借りるといってもそれだけで済むわけではなく、帯や小物も必要です。

こういったものをすべて揃えるとかなりの金額になってしまい、家計にも大ダメージです。

しかしレンタルならば納得の価格で借りられる上、たくさんの種類の中から娘に似合うものを選ぶことができます。


両親から着物の代金を出そうかとの申し出もあったのですが、子供の成長はとても早いですし、三歳の七五三で着た着物は、一度使うだけで終わってしまいます。

それならばレンタルで可愛い着物を借りて、写真の残そうと夫と話し合って決めました。

今回も娘には可愛い着物を選ぶことができました。

生地の桃色が派手過ぎない程度に明るく、お花の柄も素敵です。

小物も娘と一緒に選んでレンタルしました。

着物で一番困るのが着付けですが、これもレンタル業者によってはお願いすることができるようです。

近くの美容室では着物の着付けだけは受け付けてくれなかったので、レンタルをした際に着付けもセットで頼むことにしました。

娘の準備がすべて決定し、あとは当日を待つだけになって、ふと夫と自分の服装について気がつきました。

残念ながら私の体重は数年前より大幅に増えていて、以前の七五三で買ったスーツは着られそうにありません。

夫も同じく腹回りにお肉がついてしまい、こちらもスーツがきついとのことでした。



せっかくの晴れ舞台に、普段着のような格好で行くわけにはいきません。

新しいものを購入することも考えましたが、娘の着物をレンタルにして、自分達だけスーツを買うのも、と私達は顔を見合わせました。

それに、着物と同様に私のスーツもそれほど利用するものではなく、一度のイベントで着たらその後は数年間にわたって箪笥にしまい込まれることになるはずです。

夫の分だけでも買おうかと言ってみたものの、夫自身も私と同じような状態で、たとえ良いスーツを買ったとしても箪笥の肥やしになるだけだとのことでした。

色々と話し合った末に、私と夫の服についてもレンタルでお願いすることに決めました。

レンタルの便利さはよく判っていますし、抵抗もありません。

カタログを眺めているとそれだけでわくわくするようなスーツや着物が並んでいて、年甲斐もなく夫と二人でテンションが上がってしまいました。

バッグもちょうど良いものがなかったため、こちらも一緒に借りてしまいます。

もちろん娘が主役であることは忘れずに、娘の隣に夫婦揃って並んだ際にしっくりくるものをチョイスしたつもりです。

当日は周りの人々に一家揃った服装を褒めて貰うことができました。

桃色の着物を着た娘に、私と夫もスーツびしっと決まったと思います。

なによりもこちらを見上げる娘の嬉しそうな顔が一番の思い出になりました。

義母から見ても一家揃った様子はなかなか好評だったようで、良い着物とスーツだと褒めて貰えたのが誇らしかったです。

七五三はもちろん子供のためのものですが、親にとっても大切な晴れ舞台です。

いくら子供を飾ってあげても、親の服装がだらしないままではびしっと決めることができません。


我が家は気合を入れて写真も撮りました。

写真の中の自分が少し気取った顔をしているのがおかしくも感じますが、悩みながら選んだスーツはなかなか似合っていると夫とともに自画自賛しています。

レンタルは使用後には返却するだけです。

高価な着物などは管理にも気を使いますし、虫でもついてしまったら一大事です。

狭い我が家では保管場所にも頭を悩ませることになるでしょう。

狭い場所に押し込めてはシワがつきますし、湿気が多い場所ではカビてしまいます。

でも業者が管理しているものならば、虫食いやカビなどの心配をせずに借りて返すだけという手軽さも気に入っています。

今回も七五三の後には着物などの一式を返却するだけで終了し、あとはゆっくりと過ごすことができました。

子供のためのイベントだからこそ、家族全員で、全力で楽しみたいというのが私達の方針であり、楽しみでもあります。

そんな私と夫、そして子供達にとって、七五三の着物レンタルはぴったりのサービスでした。

大人の服装もばっちり決めたことで、最高の一日になったと自負しています。

スポンサードリンク

時々しか着ないからこそレンタルを利用しませんか?


いかがでしたか?

イベント事があるとつい服を購入したくなってしまいますが、レンタルをすると保管場所に悩まされることなくバッグやアクセサリーなどの小物まで揃えることができるんですよ。

もちろん、新しく購入するよりレンタルしたほうがお財布にも優しいですよね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)