七五三の時の親の服装はTPOを考え主役の子供より控えめに

七五三のお祝いをする時、親は慣れない子育てに翻弄していることが多く、プライベートな時間を確保することができずに写真撮影に慣れていないという事例が多々見られます。

スポンサードリンク

そのため、想像よりも緊張してしまう場面が多くなってしまうのですが、特に気がかりになるのは服装についてです。

思い出深い七五三にするために後悔しない親の服装



子供と共に過ごす七五三の1日は人生の中でも特別な記念日になり、数え切れないほど多くの写真を撮影します。

つい子供を第一に考えてしまい自分のことはおざなりになることが多いため、直前になってから一切準備が済んでいないことが発覚して慌てふためくことがあります。

せっかくお祝いするのであれば、主役である子供を最大限に引き立てる様相で臨みたいものですし、催しに対して失礼になる服装は避けたいものです。

そうした点から親は主役でないとしても力を抜くことなく、服装の選定について確実に知識を付けていかなければなりません。

七五三で親はそんな服装をしたらいいの?



まず理解しておくべきことは、大きく分類すると洋装もしくは和装のどちらかから選ぶことになるということです。

洋装の事例ではパステルカラーのような淡い色味にしてワンピースやスーツにすれば一目見ておかしいと思われることは避けられます。

年齢や好みでパステルカラーに苦手意識を有しているのならダークなスーツにする必要がありますが、コサージュやネックレスを要所要所で使い暗く見えないようにします。

ダークスーツにするのなら胸元などから少しだけ見え隠れするインナーは、思い切って明るく派手なものにすれば暗めであるとは一切感じられないです。

当然必至アイテムとして挙げられるのはジャケットであり、暖かくてつい脱ぎたくなってしまってもしっかりと羽織ってください。

親の服装で避けたいこと



年齢が若い場合や女性としての魅力を引き立たせたい時は、つい胸元が大きく開いているものやノースリーブに手を出してしまいたくなりますが当然タブーです。

総合的に言えるのは派手過ぎる服装は悪いイメージになってしまうので、加色して遊び心を楽しみたいのなら淡めにしてバランスを意識してください。

下半身については一般的なのはスカートなのですが、足を出したくないのならパンツスタイルでも問題ありません。

人口が多いエリアの七五三では他にも多くの親が居たり、祖父や祖母も来ているので混雑していて動きにくいためパンツスタイルの方がアクティブに動けます。

和装ならどんな着物でもいいの?



一方、和装は訪問着が適していると考えられており、位置付けについて知識を有しておかなければ和装における普段着で七五三に出席してしまうことになります。

レンタルで手配するのなら精通しているスタッフの方が使い方に適した選択肢から決めてくれるので、明らかに不適切なタイプに袖を通してしまうことは無いですが、自前の着物を取り出して着用するのなら格に意識してください。

インターネットを使えば何でも知ることができる今日ですが、格は検索しても知ることが難しいのでわからなければ着付けも行っている床屋さんなどに尋ねてみましょう。

父親の服装はやっぱりスーツ?



また、父親の服装は結婚式に参加する場合などに準備するのが簡単であるのと同じように、七五三に関しても難しさはありません。

男性は日頃からお仕事で着用しているスーツを手に取れば良いですし、スーツを着る機会が無いのならスラックスにジャケットを合わせてカジュアルにしても良いです。

唯一気を配らなければならないのはネクタイのカラーリングでありグレーや白、黒は縁起が良くなかったり結婚式を連想させるので使ってはなりません。

ネクタイは単独で目にした時に少し派手過ぎるように思う程度がちょうど良く、柄が全体的に配置されていると結んだ際にバランスが取れます。

近頃は若い方にストライプの柄が支持されているものの、フォーマルには合いませんのでペイズリーや無地、ドットに決めるようにしてください。

生成されている生地においても選択基準となり、光を反射するような光沢感を覚えることができるものなら尚良いです。

スポンサードリンク

父親が和装にしたい場合は?



父親が和装にしたいならグレーで紋付きにする以外あり得ないのですが、紋付きが手に入れられないのなら羽織と着物だけに絞っても構いません。

しかし、我が子が男であり白色の着物に既に袖を通すことが決定しているなら白色を手に取るのはやめてください。

身体が大きい上に膨張色なので、どうしても親の方が存在感が強くなり特に写真を写した時には主役が隠れてしまいます。

さらに、初孫などの場合は祖父母も行事を今か今かと待ちわびていることも多く、今日では共に施設に足を運ぶ方もたくさん目にできます。

立場上服装に口出しするのは躊躇してしまうシーンもありますが、共通点としてはメインの子供よりも目を引くことはやらないことです。

まとめ



祖母などは輝く宝石などを付けたくなる心情を強く抱きやすいものの、粛々と進められる七五三の席ではどうしても浮いたようになるので外して行くようにします。

こうした点から服装において言えるのはランクを下げて謙虚に振る舞うようにするというものです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)