脇汗がひどい10代におすすめな対策と改善方法

1 0代のころは新陳代謝が活発ですから、脇汗が多いのは当然のことだと言えます。

しかしそれが悪臭を招いてしまうようなら改善していく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

自分では気づきにくい脇の臭い



子どもは自分からニオイのことを親に言い出すことはあまりないので、親が気づいてあげることが大切です。

子供の下着を洗濯するときに脇の部分が黄色くなっていたら、汗が多いと考えてよいでしょう。

汗が多いとニオイも強くなりますから、汗を減らす対策が必要になってきます。

ニオイに悩んでいるとそれがストレスになって、心身が不安定になってしまいます。

これが原因でニオイを強くしてしまうことは多いのです。

体臭がきつくなる理由ってあるの?



 

体臭というのは心身のバランスが崩れることで強くなる性質があり、自律神経やターンオーバー、ホルモンバランスなどに異常がある場合は注意が必要です。

体臭に敏感になるほどニオイが強くなるので、まずはリラックスすることが大切となります。

そのためには根本的にニオイを抑えていくしかありません。

1 0代の脇汗対策の基本は大人と同様に、毎日の入浴でしっかりと脇を洗浄することです。

汗が残っていると入浴してもすぐに臭ってしまうので、完全に汗を落としておきましょう。

汗を除去することで雑菌も消えますから、しばらくはニオイが発生しません。

ただしワキガ体質だと入浴しても2~3時間後にはニオイがしてくることがあるので、脇下をよく拭いてからデオドラントを使用してください。

制汗剤をうまく使って悩みを解消



デオドラントは肌・毛穴に膜を張ることで、発汗を抑える作用があるのです。

汗をかくことがニオイの原因になるわけですから、汗を抑えていくことが何より大切となります。

デオドラントは毛穴を引き締めてくれる作用もあり、汗と雑菌をまとめて抑える必要があるわけです。

雑菌を繁殖させないためのコツは、汗を抑えることにあります。

デオドラントを使用しても効果が出ないなら、入浴でよく洗浄できていない可能性があります。

ムダ毛が臭いのもとになることもある



子どもはニオイのことを自分から言い出すことは少ないですが、衣服の脇の部分が黄色くなっている、子どもが家に閉じこもるようになった、などの状態が見られる場合は注意が必要でしょう。

思春期になると脇毛が濃くなっているケースはめずらしくありません。

ムダ毛がゴワゴワしている状態は非常に蒸れやすく、汗や雑菌・ニオイが逃げにくい状態だと言えます。

親が目視で確認して子どもの脇毛が多いと感じたら、脱毛を勧めてみるのもよいでしょう。

シェービングで処理するのが一般的ですが、シェービングでムダ毛が薄くなることはありません。

将来の体臭のことも考えるなら、脱毛サロンで処理してしまうのも手でしょう。

脱毛サロンの脱毛は痛いと言われていましたが、最近は痛みのない脱毛が当たり前になってきています。

やや暖かい熱を感じる程度のマシンも登場しており、苦痛を感じることなく脇毛をツルツルにできるのです。

ツルツル肌になればワキガは大幅に軽減して気にならないレベルになることが多いです。

サロン脱毛は減毛が可能になるので、ツルツル状態を持続できるのです。

これは将来における体臭対策にもなると言えます。

毎日の食生活にも気を配っていますか?



思春期の1 0代の脇汗対策としては入浴、デオドラント、脱毛などが基本となります。

ただし原因が体質によるものである場合は、体質から変えていく必要もあるでしょう。

食生活で肉や脂肪の摂取が多い、運動をほとんどしない、といった状態は問題があります。

動物性食品をたくさん食べていると、身体にたくさんの脂肪を蓄えてしまいます。

子どもは代謝機能が高いので大人ほど急激に太りませんが、代謝を超えて暴飲暴食をしていると肥満・脂質異常症などの原因になるでしょう。

スポンサードリンク

肥満と臭いの関係



適度に運動をしていれば体脂肪・血中脂質を溜めずにすみますが、運動不足の子どもは注意が必要です。

身体に脂肪をたくさん蓄えている状態は、体臭を強くしてしまうからです。

これはワキガにも言えることであり、脇汗が通常よりベトベトするようになります。

本来の汗はサラサラしていますが、食生活の乱れや運動不足によってベタついてしまうことは多々あります。

生活に原因がある体臭の場合、根本から治すには生活改善が欠かせないでしょう。

まとめ



1 0代は心身ともにデリケートになりやすい年代であり、友達にニオイを指摘されてショックを受けて、家に閉じこもってしまう子どももいます。

ニオイとムダ毛に関しては特に指摘されやすい悩みであり、引きこもりの原因にもなっているのです。

子どもが外で遊ぶのを避けるようになった場合も、親はワキガの可能性を考えてみる必要があります。

子どもの栄養バランスは親が責任をもって考える必要があるので、食事内容にも気を配りましょう。

インスタント食品やスナック菓子を食べ過ぎることが原因で体臭が強くなるケースもあります。

かき氷やアイスクリームなどの冷たい食べ物は胃腸を冷やしますし、代謝機能を低下させてデトックス機能を弱め、それが原因で脇汗・体臭を強くしてしまう場合もあります。

冷たいものよりも温かいものを中心に食べるようにして、ニオイ対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)