引っ越しで焦らないための知っておきたいこと:引っ越し後に必要な手続き

今回初めて引っ越しをするという人だと、緊張してしまうのが普通です。

必要な手続きをし忘れてしまったばかりに、転居後、所定の手続きを行なうために、転居前の場所まで戻らないといけなくなる場合もあります。順を追って説明します。

まず、引っ越しをする前にすべきことから説明します。



スポンサードリンク

引っ越しをする前にやらなくてはいけないこと



最初に、引っ越し業者選びをします。

それぞれの業者ごとに特徴があり、単身者向けの業者もあれば、家族向けや荷物が多い人向けなどあります。

また、日時を選べるのか、どこまで融通が利くのかも確認しておきたいポイントです。

水道光熱費の解約・契約手続きも必要です。それから、パソコンで有線を利用していれば、回線を解約する手続きも必要になります。

また、最寄りの郵便局へ行き、郵便物の転送届を出しておきましょう。

転送期間は届出日から1年間です。

届出を出しておくことで、1年間は旧住所に届いた荷物やはがき類を新住所に無料で転送してもらえます。

忘れると後で面倒な手続き



それから、最寄りの区役所や市役所に行き、転出届を提出します。

専用の用紙があるので、住民票に記入する要領で必要事項を記入し、担当の窓口に提出してください。

記入方法がどうしても分からない場合には、用紙の置いてあるテーブルに記入例の記載のある同じ用紙が置いてあるので、そちらを見ながら記入します。

あるいは、担当の人に質問すれば、丁寧に書き方を教えてくれます。因みに、転出届は、国に現住所の変更をするために必要となる書類です。

続いて、引っ越し後にすべきことを説明します。

水道光熱関係の落とし穴



水道光熱費の場合、解約をするさいに、同じ水道局、ガス会社や電力会社を利用するのであれば、同時に新住所での契約手続きも行なえます。

違う会社を利用する場合には、別途契約の手続きが必要になります。

見落としがちな点としては、ガス会社とのやり取りです。

水道と電気は電話一本で済ませることができます。

しかし、ガスの場合には、ガス会社の方との立会いが必要になります。立会いの時間帯は選べるのが普通ですが、引っ越し日に来てもらい、ガスがすぐに利用できるように連絡を入れておくのがよいです。

もし忘れてしまうと、引っ越し当日はお風呂でお湯を使用できません。

現代には欠かせないネット回線の手続き



パソコンを有線で利用したい場合にも、立会いが必要になることが多いです。

元々、転居先のマンションに回線が入っていれば、立会いが不要ということもあります。しかし、そうでない場合には、立会いのための時間を確保しておく必要があります。

ガス会社の立会いも同様ですが、事前にスケジュールを組んでおきましょう。

最寄りの区役所や市役所に行き、転入届を提出します。

事前に転出届をだしているはずですから、要領は同じです。

専用の用紙があるので、必要事項を記入して、転入届を終えます。

役所にもよりますが、転出届も転入届も1時間もあれば十分できます。

スポンサードリンク

身分証明書代わりに使うものだからこそ忘れないで



運転免許証を持っている場合には、同時に住民票を1枚取得しておいてください。

運転免許証を保有している人は、警察署に行きます。

本人確認のために運転免許証を使っている人は多いでしょう。

ですから、なるべく早く住所の書き換えをしておいた方がよいです。

転居先で何かしらの申し込みをしたいと思っても、住所不一致で申し込みができないといったことも起こりえます。

また、住所変更に期限はありませんが、届出をださないと、免許更新の連絡はがきが届きません。

すると、最悪、運転免許を失効してしまう恐れがあります。

運転免許の更新は数年に一度のため、住所変更をしなかったばかりに、連絡はがきが届かず、更新を忘れてしまう人は多いです。

それから、変更時に必要な持ち物は、運転免許証、住民票と印鑑です。

転居元と転居先で、都道府県が違うなど、人によっては、申請用の写真が必要になることもあります。

ただし、ほとんどの警察署で証明写真の撮影ができるので、持参する必要はめったにありません。

生活の必需品クレジットカードは大丈夫?



 

クレジットカードを使用していれば、利用しているカード会社のサイトへ行き、住所変更をします。

ネット回線のない場合には、カード裏面に電話番号が記載してあるはずです。

その番号へ電話をすれば、必要書類を郵送してもらえます。

また、各種サービスに会員登録や利用登録をしている人は、それぞれの会社のホームページで住所変更をしたり、必要書類を送ってもらい、変更をします。

これらクレジットカードなどは、事前に郵便局で転送届をだしていれば、DMや緊急のお知らせなどは転送してもらえるので、多少時間に余裕があります。

しかし、あまりのんびりと構えていると忘れてしまうものです。

すべての郵便物が転送できるわけじゃない



株式投資などで証券会社を利用していれば、転送不可なDMもあります。

ですから、せいぜい1ヶ月以内には、それぞれの住所変更は済ませておいた方がよいです。

その他、国民年金、保険証、自家用車とパスポートの住所変更、子どもの学校の転校届け、ペットの登録変更などもあります。

友人に新住所をメールするなども忘れず、やっておきたいことです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)