脇汗による黄ばみの原因と予防対策

気温が高くなる汗ばむ季節になると、脇汗のニオイやシミに悩む人が多いですが、その中でも人目につきやすいのが黄ばみです。

自分では気が付きにくいですが、他人から見ると思いのほか目に付いてしまう部分のため、何かしらの対策を行うなど注意することが大切です。

スポンサードリンク

服の脇部分が黄ばむのはなぜ?



そもそも脇汗が黄ばんでしまう原因としてはさまざまなことが考えられます。

まず汗の質です。

実は人の体から分泌される汗は一種類だけではなく、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という二種類の汗腺が存在します。

エクリン汗腺はほぼ全身に存在し、人の体から出る汗はほとんどこのエクリン汗腺から出ます。

エクリン汗腺からでる汗はその99%が水分でできているため無色透明なことが特徴でニオイもほとんど発しません。

それに対してアポクリン汗腺は脇の下の他にも耳や乳輪などに存在し、水分の他にもたんぱく質や脂質などを含みます。

色も白濁した色をしていますが、この汗には酸化することで黄ばんでしまう成分が含まれているため、結果として洋服の黄ばみに繋がります。

スポンサードリンク

このアポクリン汗腺は誰でも持っていますが、個人の体質によって数や大きさは違うため、人によっては洋服の黄ばみだけでなくワキガなどのニオイに繋がることもあります。

対策としてはまずアポクリン汗腺を減らすということが挙げられますが、これは手術を行うことでしか減らすことができません。

そのため、ニオイがひどいなどの理由で深刻に悩んでいる人以外にはあまりおすすめできない方法です。

ワキ汗を抑える方法って?



しかし、活動を活発化させるのをある程度抑えることは可能です。

例えば、アポクリン汗腺は脂肪分の多い食事や肉料理中心の食生活、刺激物の多い食事をすることで活発に活動します。

また、夜更かしなどでホルモンバランスが乱れているときや、緊張やストレスなどを体に感じたときも活発に活動します。

そのため、お肉をまったく食べないなど極端なことを行う必要はありませんが、普段の食生活に野菜などを積極的に取り入れ、栄養バランスの整った食生活送ることが大切です。

また、ストレスが溜まったら適度に発散をしたり、睡眠リズムを整えたり等、少しずつ規則的な日常生活について心がけることが効果的です。

消臭と芳香



さらにその他の原因として制汗剤が挙げられます。

ニオイや脇汗防止のために、特に夏の暑い日などは積極的に使用する人も多いかもしれませんが、自分に合っていないものを使用することで汗ジミや黄ばみに繋がることがあります。

この場合ある特定の製品が悪いというわけではなく、個人の体質によって相性が悪いものが存在するだけですが、汗ジミを気にして使用し始めたにも関わらず、服が黄ばんでしまえば元も子もないので、自分に合ったものを使用することが対策として挙げられます。

とは言っても実際に使用してみないとどれが自分に合ったものなのか判別することができないため、ある特定の製品を使用し始めたら服が黄ばんでしまった感じた場合、その製品の使用は控えるようにするなど意識してみるみたり、また、人によっては大変効果がある製品でも、自分にはいまいちだったりまったく効果がなかったといったことも珍しくないため、まずは自分の手で色々と試してみることが有効な対策として挙げられます。

服についた黄ばみはどうしたらいいの?



では、実際に服についた黄ばみはどうすれば良いかというと、もちろん洗濯することは当たり前ですが、その際に使用する洗剤は界面活性剤を含むものがおすすめです。

界面活性剤には皮脂分解酵素が含まれているため、服に付いた汚れをしっかりと落としてくれる効果が期待できます。

界面活性剤の量は製品に記載されているため、購入する前に含有量について確認してみると良いです。

さらに頑固な汗ジミがついた服は、洗濯をする前に漂白剤を溶かしたお湯にしばらく浸けておくと汚れが落ちやすくなります。

その他にもおしゃれ着など生地が傷むことが心配な服は重曹を使用して洗うことで生地を傷めることなく、きれいに汚れを落とすことができます。

もしかしてワキガ?と悩む前に



服が黄ばんでしまうと自分がワキガではないかと疑う人もいるかもしれませんが、必ずしも服が黄ばんでしまうこととワキガは直結しません。

そのため、脇汗や服の黄ばみが気になり始めたら、まずは自分の生活スタイルを見直してみることが大切です。もしかしたら何か思い当たる原因が見つかるかもしれません。

そしてもし仮に食生活や睡眠リズムの改善効果を待つことなく、今すぐに何とかしたいと考える場合は、着用する服の色などに気を使ってみることも有効です。

例えば黒や茶色などの色が黒い服は脇汗が目立ちやすいため、白色やパステルカラーなどの明るい色の服を着用すると良いです。

また、体に密着する服よりも通気性の良い服のほうが脇汗が目立たなくなります。

その他にも脇に直接付けるパッドやあらかじめパッドが付いた服なども販売されているため、その時の状況に合わせて上手に使い分けることもおすすめです。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)