仕事のストレスで倒れないためのストレス対処法

現代はストレス社会といわれています。

特に仕事に関する悩みを抱えている人が数多くいます。

スポンサードリンク

悩みのない人間なんていない



人間関係に悩んでいる人、仕事がうまくいかなくて悩んでいる人、お金に関することで悩んでいる人など悩みはつきません。

そんな状況に陥った時、どのようにストレスを解消していけば良いのでしょうか。

きちんと対処法を学んで、そのような状態になったときに塞ぎ込まないようにしましょう。

人は自分のストレスに気が付かないことがあります。

例えば、仕事が立て込んでいて自分を省みる余裕すらない時などは特に気が付きません。

ですので、自分が精神的に追い込まれている時どのような行動を起こすのか事前に知っておく必要があります。

これは人それぞれなので一概には言えませんが、代表的なものがいくつかあるので紹介します。

自覚症状がない時は危険信号ですよ



例えば、急に頭が重いと感じた時。頭が働かないと感じてきた時は危険信号です。

表情が一定の状態になったときも危ないです。

喜んだり、怒ったり、悲しんだり、笑ったり、このような喜怒哀楽の表情をしばらくしていないなぁと感じたらちょっと小休止を入れましょう。

この他にも様々ありますが、そのことを一番知っているのは自分です。

自分自身に問いかけてみましょう。

また、職場の人や友人が自分の変化に気付くことがあります。

そのときは邪険にしないで素直に聞きましょう。

ストレス解消!だけど、どうしたらいいの?



ストレスの解消方法としては2種類の方法があります。

外に出てカラオケをしたり、飲み明かしたり、旅行をしたりといった発散型と一人で黙々と本を読んだり、ゲームをしたりする解消型この2つの方法があります。

ここで注意してもらいたいのは、それぞれにあった解消方法があることです。

よく、上司が日頃の疲れを労うために飲みに誘ったりすることがありますが、場合によってはこれは逆効果です。

発散型の人ならこれで問題ありませんが、解消型の人の場合はこのような方法よりも休める時間を作ってあげて自分の好きなことをやらせるべきです。

自分がすっきりするからといって他の人もすっきりするとは限りません。自分に合った方法をしていくことが一番ベストです。

スポンサードリンク

人間関係の悩みは尽きませんよね



ここからは、一番原因として多い人間関係について述べていきます。

特に職場ではあまり顔を合わしたことがない人と仕事をすることになることや、それを回避しにくいというところがあって精神的につらいところが多いです。

まず、前提として人を変えることは出来ないと思っておきましょう。

私達は神様ではないので、ひとりひとりの思考を変えることができません。

職場環境を整えるか自分自身を変えるしかありません。

まず、やってもらいたいことはいい人をやめることです。

つらい状況に追い込まれる人の特徴として何をするにしてもいいことをしなければならないと思っていることが挙げられます。

しかし、人によってはその善意を利用しようと思っている人もいるわけです。

そのような人たちに構っていては時間の大きな無駄です。こちらに対して有益なことが何一つないならばその人との関係を切ってしまっても問題ありません。

最初はつらいでしょうが、体を壊してしまっては何も意味がありません。

次に、嫌な人には近づかないようにしましょう。

よく積極的に関わろうと言う人もいますが、それは自分に余裕がある時で問題ありません。

無理に近づこうとしても辛いだけです。

視野を広くすると周りが見えてくる



前述したように、環境を整えるというのも大きな手です。

その場合はまず、職場の同僚がどのような仕事をしているか把握しましょう。

孤立してしまうとプレッシャーになって負担になりますので、頼れる人を作っておくのが懸命です。

休憩時間に話しかけたり、飲み会で話したりして情報を聞き出すといいでしょう。

また、何か相手にメリットがあることをやってあげるのも一つの手です。

自分ができる仕事だったら肩代わりしてあげてもいいですし、もしも出来ない内容だったら差し入れとして何か食べ物やドリンクを買ってくるのも悪くありません。

相手の趣味に関する情報を手に入れたら教えてあげるのもいいでしょう。

相手への行為(好意)は自分に返ってくる



人というのはおもしろいもので、相手から何か受け取ったら自分も何か返さないといけないという気持ちを持つように出来ています。

色々なところで恩を売っておけばいざというときに自分を助けてくれる人が増えるはずです。

最終手段として職場をやめるという手もあります。

次の職場でも同じことになる可能性もありますから、おすすめは出来ませんが、冒頭で話したような症状が出始めたら早いところやめるべきです。

さもないと、体を壊してしまう可能性がありますから。

ストレスで生きていくのが辛くなる前に



実際にストレスを感じた時に実践してほしいことがあります。

それはこの感情を大きくしないということです。イライラとしてして、色々な人に悪態をついても解消されることはありません。

そのことを自覚してください。

また、ストレスを感じたらその感情を頭の中に留めておきましょう。

イメージとしては小さな箱を作ってその中に入れる感じです。

もしも、感情を爆発させないといけない状況になったらその中に溜まった者を吐き出してください。

それはとてつもないエネルギーになります。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)