チワワにしつけは難しい?気になる価格と性格としつけのコツ

あなたは、チワワが日本の国民を魅了したテレビコマーシャルを覚えていますか?

何年も前の金融会社のCMで、このCMがきっかけで一気にチワワが大ブームになりました。



スポンサードリンク

小さな身体に大きな目。

あの大きな目に見つめられると、チワワがいたずらで悪いことをしても、叱ることが出来ないと思えるほどです。

チワワの気になる価格



チワワが大ブームを起こした時は、50万円近い値段で売られていたことがありました。

マイクロチップが埋め込まれていた子なので、高くなることは仕方がないのかも知れませんがちょっと高すぎですよね。

その頃に比べ、ペットショップでのチワワの販売価格は安くなってきました。

ですが、まだまだ30万円近い値段で販売されていることもあります。

チワワは吠えやすい犬



人気があり多くの人に飼われているチワワですが、しっかりとしつけることができず、苦労している飼い主のみなさんが少なくないのが事実だと思います。

チワワというのは、無駄吠え行為をするような犬みたいです。

大抵の場合、子犬期は何かを求める「要求咆哮」が大半です。

だけれど、吠えることを止めさせようと飼い主がチワワを叩くなど行き過ぎたしつけをしてしまうと「威嚇咆哮」に至ることだってあります。

しつこく吠える時は、飼い主が犬と目を合わせないようにする方法や、犬の死角から犬を驚かせるような音を発し、吠えると嫌なことがあると覚えさせるしつけの方法もあるようです。

犬を怖がらせない範囲で必要範囲内でしつけをしましょう。

しつけは飼い主としての義務です



例えば、お子さんに「いまのままでは言うことをきかない・・・」「世の中のルールを会得させなくちゃ」などと思い、保護者として対処するのではありませんか?

異常に吠える犬のしつけというのも違いはありません。

ペットのオーナーさんは、無駄吠え対策で悩みを抱えているのでは?

でも、大丈夫です。無駄吠えというものをなくすのは実行可能です。

知識があったら、皆さんできると言えます。

ですが、無駄吠えのしつけは「簡単にはいかない可能性も大」などと思っておいたほうが着実でしょうね。

スポンサードリンク

犬にしつけをする時は簡潔に教えることが成功のコツ



子犬の頃、幸せに過ごしていなかったために、自分勝手な行為を垣間見せる犬がいますが、しつけトレーニングをし続けると、勝手な行為が目立たなくなるらしいです。

しつけで感情的になってはいけないと、飛びついているチワワを抱えたり、身体を撫でたりしてはいけないのです。

犬の方で「飛びついたら一緒に遊べる」と思い込むのです。

愛犬をしつける時は、吠える噛むという行為は、何が原因でそうするかを突き止めて、「吠えることはいけない」「噛むのは許さない」という風なしつけをすることが大切です。

噛み犬となった犬の、その理由を探し出し、今まで実践してきた間違ったしつけトレーニングを見直して、噛む行為を正していってください。

歯が入れ替わる頃に正しくしつけをして、噛む強弱の調整を知っておけば、その後はその力の加え方を既に知っているので、力いっぱい噛むことをまずしないようになるはずです。

愛情表現と社会のルールは違う事を忘れずに



犬が噛むという行為が愛情表現ではあっても、人間社会で生きるんだったら、噛むという行為は人に危害を加えかねないので、オーナーはちゃんとしつけを実行しないといけませんね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)