世界で日本だけ?性交渉するなら正しいHIV、エイズの知識は身につけよう

12月1日は、世界エイズデーです。

一昔前に、金城武さんと深田恭子さんがHIV、エイズをテーマにしたドラマをやっていたのを覚えていますか?

その時は、エイズとかHIVについてかなり話題になっていましたが、今はどんな状況なのでしょうか?

スポンサードリンク

世界エイズデーってなに?


aids-108235_640

世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

引用元:厚生労働省

簡単に言うと、エイズについて知ろう!という日です。

“レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりごろでした。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティスト達にもエイズがひろがり、エイズに倒れて死亡するアーティスト達が増えていきました。そうした仲間達に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。

このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズをみんなで考えましょう。

引用元:厚生労働省

エイズの啓発活動では、有名アーティストたちが参加するアクトアゲインストエイズが有名ですね。

もちろん今年もAct Against AIDS 2016が開催されますよ~。

HIVやエイズの現状って知ってる?

hiv-218541_640

現在、世界的にHIVの新規感染率は減っています。

しかし、日本はいまだに増加傾向にあります。

もしかしたら、あなたもHIVウイルスに感染していると知らずに日常生活を送っているかもしれませんよ?

何故そんなことを言うのでしょうか?

HIVの潜伏期間と初期症状


026
自分がHIVであると気がつくきっかけは、HIV検査で発覚する人の他に、体調不良で病院を受診をしたら、HIVに感染していると告知されるケースが多いそうです。

なかには、免疫力が低下していてエイズを発症しているケースもあるとか。

20代~30代がHIV感染者が多い世代です。

HIVが発症した時の症状は、感染してから1週間位で風邪に似た初期症状がでます。

しかし、熱が出たりするのですが、すぐに治ってしまうため気付かず、何年も感染したまま8年から10年過ごしているケースが多いです。

最近では40代以上の感染報告も増えてきているんですよ。

潜伏期間から考えると、10代から20代の頃に感染しているケースが多いのです。

30代や40代というと、結婚して家庭を持っているケースが多いですよね。

そうなると、あなたのパートナーや子どもにまで、HIVが感染しているケースがあるんですよ。

HIV検査を受けるのにベストな時期


027
20年くらい前には、感染したかもしれない時期から2~3週間後に検査へ行くと良いと言われていた時期がありました。

しかし、現在では最低2ヶ月後に検査を受けたほうがいいと言われています。

なぜならば、HIVウイルスは体に入ってもしばらく隠れてしまうからだそうです。

確実な検査結果を求めるならば、3ヶ月後に検査を受けることが好ましいのです。

HIVの予防方法は?


047
日本でHIVに感染するのは、性交渉がきっかけになることが多いです。

それを防ぐのに一番効果的なのは、コンドームを正しく使用することです。

あなたは、今のパートナーの性歴を知っていますか?

HIV感染者かわからないのに、快楽に負けコンドームを使用しないのはやはり危険です。

あなた自身を守るためにも、必ずコンドームを使用するようにしましょうね。

HIV検査はどこで受けることが出来る?


drugs-21987_640
あなたの街の保健所、保健センターで調べることができますよ。

もちろん、無料ですし匿名で検査を受けることができます。

私が検査を受けた時は、予約をせずに保健所へ行きました。

窓口で「HIVの検査をしたいのですが」と伝えると、係の人に案内され個室へ移動し担当の職員がくるまで待ちました。

担当職員が来ると、簡単な問診があります。

思い当たる行為があったのはいつか?ということは必ず聞かれるかと思います。

当日焦って忘れてしまわないように、メモしておくと安心ですね。

問診の後は採血です。

私の時は、問診をする人と採血をする人は分かれていました。

時間にすると30分もかかっていないと思います。

検査結果がわかる日にちと番号(匿名なので)が書いた紙をもらい終了です。

結果は窓口でもらうことができました。

陽性反応があると、個室に通されるようでした。

API-Netでも検索することができるので、是非活用して下さいね。

大都市には、専門の検査センターがある場合もあります。

まとめ


最近では夜遅くまで検査を受けることが出来る施設が増えてきました。

アメリカでは、何回もHIV検査をすることが当たり前のようです。

感染理由が性行為がきっかけになることが多いため、まだまだ偏見は多いですが、早期発見すると薬で発症を抑えることが出来る時代になっています。

性交渉したことがある人なら、自分には関係ないでは済みませんよ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)