流行間近!人にも感染する【鳥インフルエンザ】

インフルエンザに感染するのは人間だけではありません。

鳥に感染してインフルエンザを起こす、鳥インフルエンザが近年注目を集めています。

何故注目されているのかというと、稀に鳥だけではなく人間にも感染するからです。



スポンサードリンク

記事を読むのが面倒くさい人は、コチラの動画を見て下さいね。



 

 新潟県は29日未明、同県関川村の養鶏場で死んでいた鶏から、強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。この養鶏場で飼育している約31万羽の殺処分を開始、県に出動要請を受けた陸上自衛隊も従事。県は12月2日まで24時間態勢で作業に当たる。農林水産省によると、国内の家禽(かきん)からのウイルス検出は、昨年1月に岡山県と佐賀県で確認されて以来。

青森県も29日、食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出した青森市の家禽農場で、飼育中の約1万6500羽の殺処分を続けた。農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究部門(茨城県つくば市)で分析する。

食用アヒルからH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出した青森市の家禽農場で作業する関係者(29日午前)=共同
食用アヒルからH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出した青森市の家禽農場で作業する関係者(29日午前)=共同

政府は29日午前、鳥インフルエンザの発生に伴い官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官は「各省庁で連携し、感染拡大防止のために緊張感をもって万全の対応をとる」と述べた。

鳥インフルエンザは、肉や鶏卵を食べた人への感染は国内で確認されていない。

新潟、青森両県は養鶏場と家禽農場からそれぞれ半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3~10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

新潟県は半径10キロ内に約60の業者があり、約50万羽を飼育している。関川村の養鶏場の職員が28日、鶏約40羽が死んでいるのを確認。うち5羽の簡易検査で陽性反応が出たため、ウイルスの遺伝子を調べたところ、高病原性と確認された。

青森県は、半径3キロ圏で4農場の家禽約1万4千羽の移動を制限、半径3~10キロ圏で3農場の約40万羽の搬出を制限した。青森市四戸橋磯部の家禽農場で28日午前、フランスカモと呼ばれる食用アヒル10羽が死んでいると県の家畜保健衛生所に連絡が入り、遺伝子検査でウイルスを確認した。〔共同〕

引用元:日本経済新聞

スポンサードリンク

毎年耳にするようになった鳥インフルエンザのニュース。

毎回たくさんの鳥たちが処分されるので、ニュースを見るのも辛くなってしまいますね。

追記:12月12日には、名古屋の東山動物園でも、コクチョウから毒性の強いH5N6型が検出されたと報道がありました。

鳥インフルエンザってどんな病気?


animal-201564_1920
鳥インフルエンザは、鳥に感染するインフルエンザの一種です。

この鳥インフルエンザは、渡り鳥などの野鳥によってウイルスが運ばれてきて、ニワトリなどの鳥に感染します。

このウイルスに感染した鳥は、確実に死んでしまいます。

そして、ウイルス性の病気のため、放っておくとドンドン病気が広がっていくのです。

鳥インフルエンザを食い止めるには、早期発見と対策が重要になってきます。

感染の可能性がある鳥すべてを殺処分するのはその為です。

鳥インフルエンザは、人には感染しないの?


black-chinned-hummingbirds-1738173_1280
鳥インフルエンザは、東南アジアやアフリカを中心に、人間に感染した過去があります。

鳥インフルエンザに感染して発症した人の約5割は死に至るそうです。

10~20代の人は、重症になることが多いという報告もあります。

今のところ、鳥インフルエンザは人から人へ感染することはないようです。

しかし、インフルエンザウイルスは毎年少しづつ姿を変えていている為、いつ新型ウイルスが産まれても、おかしな話ではない訳です。

鳥インフルエンザの予防と治療は?


animal-1766787_1920
鳥インフルエンザは、渡り鳥などの野鳥が運んできます。

なので、空港や港での対策は意味がないのです。

鳥インフルエンザにニワトリなどの鳥が感染すると、感染した鳥を処分して、人間に感染しないように予防対策をしています。

まずは、鳥インフルエンザウイルスを体に取り込まないことが一番の予防になります。

感染した鳥の死骸や排泄物には触れるのはやめましょう。

鳥インフルエンザが流行している地域へ旅行にいくときは、野鳥やペットの鳥にもできるだけ近づくのは止めたほうが安心ですよ。

まだまだあるよ。鳥インフル型番


raven-1346323_1920
H5N1型鳥インフルエンザの他に、H7N9型など色々な型番があるそうです。

H7N9型は、H5N1型より死亡する確率は低いのですが、中国を中心に沢山の人に感染しています。

人への感染力スキルを向上させていて、人の体温に合わせることが出来るようになってきているそうです。

まとめ



潜伏期間・・・2~7日

ワクチン・・・プレパンデミックワクチン

主な症状・・・発熱、せき、筋肉痛、下痢、肺炎、多臓器不全

気をつけたい年齢・・・10~20代

危険度・・・★★★★★


鳥だけではなく人間にも感染する鳥インフルエンザ。

感染した人の約5割の人が死亡するとても恐ろしい病気でしたね。

ニュースで報道されたのが近所だからといって、見学に行ったりすることは止めましょうね。

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)