【どうしたらいい?】シャンプーしても臭う愛犬のカラダと対策

こんにちは。

今回は、愛犬の気になる臭い対策について紹介します。


スポンサードリンク
愛犬をこまめにシャンプーをしているのに、数日後には微かに愛犬が臭ってくる…。

家族同然で大好きな犬なのに、臭くて一緒にいるのも辛い…。

そんな愛犬が放つ悪臭に、悩みを持つ飼い主さんもいらっしゃるはず。お宅のわんちゃんはどうですか?

こまめにシャンプーしても臭う。そもそも臭いの原因って?


愛犬をこまめにシャンプーをしているのに、数日で体が臭ってきてしまうのは、他に原因があるからなんです。

愛犬の体を洗えば、ニオイケアは完了!と思っていませんか?

bath-1517727_1920
犬には、エクリン腺」「アポクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺があります。

エクリン腺は、足の裏や鼻の頭等の限られた部位にあり、よくポップコーンのニオイがすると言われています。

この臭いが移ることで、カーペットなどの悪臭の原因になることも。

一方、アポクリン腺は臭いニオイを発する汗腺です。

人間でいうと脇の下から出る汗がこれにあたります。

犬の場合、このアポクリン腺がほぼ全身にあるんですよ。ビックリですね。

スポンサードリンク

犬が臭う原因は人間とそんなに変わらない


swimming-1502563_1920
そして、汗だけでなく皮脂もにおいの原因になります。

アポクリン腺は、皮脂腺とつながっているため、皮脂を含んだ汗となります。

この汗と皮脂が酸素に触れると酸化し、雑菌が繁殖して体臭になるのです。

この臭いの元になる皮脂は、犬の種類によって分泌量が変わってきます。

大型犬は、体が大きいのでニオイが気になる確率が高くなります。

ですが、小型犬だからといって安心することはできませんよ。

わんちゃんが生活している家庭環境(食事やお手入れ)によって変わってくるのです。

体毛の長さは、ニオイに関係するの?。


child-1538561_1280
短毛種の犬は、毛が短いからこまめにシャンプーやケアをしなくてもいいと思っている飼い主さんはいらっしゃいませんか?

じつは、短毛種の犬は、体に直接汚れや雑菌が付着、繁殖しやすいので、実は臭いやすい犬でもあるんです。

毎日お手入れをしないと、悪臭だけでなく、皮膚トラブルの原因になるので気をつけましょう。

もちろん、長毛でダブルコートの犬は、被毛が蒸れ臭いやすいのでこまめなシャンプーが必要です。

シャンプーをしたあとは、雑菌の繁殖を防ぐためにも、しっかりドライヤーで乾かしてあげましょう。

シャンプーができない時はブラッシングで清潔に


read-1631169_1920
あなたは、毎日愛犬をブラッシングしていますか?

シャンプーは、こまめにしているのにブラッシングはまったくしないという飼い主さんが多くみられます。

ブラッシングは、毛並みを整えるだけでなく、被毛についた汚れやフケ、抜け毛、ごみを取り除き臭いの予防にもなります。

長毛種のわんちゃんは、毎日ブラッシングするのが基本ですが、そうでないわんちゃんも定期的にブラッシングしてあげましょう。

ですが、中にはブラッシングが嫌いなわんちゃんもいるかと思います。

そんなときは、ムリにブラッシングしなくても大丈夫。

飼い主さんの手をブラシに見立ててケアしてあげましょう。

ウエットティッシュで体を撫でるように拭いてあげると、とてもリラックスした表情を見せることもあります。

スキンシップをしながら、気になる愛犬の臭い対策をすることができますよ。

スポンサードリンク

協力ライター:カナさん

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)