【犬に大ダメージ】こんなものまで?意外と知らない危険な食べ物

犬の食事は、栄養バランスのとれたドックフードを、体格や年齢に応じて、決められた量をきちんと測って食べさせることがベストです。

しかし、人間が食事を作っている最中や、食事中など犬に見つめられると、つい人が食べるものをあげてしまうことがありますよね。

dog-1558962_1920 犬もしっぽを振っておいしそうに食べます。

その姿は愛らしく、見ているとついまた与えてしまったりします。

でも、一度そのような癖がついてしまうと、習慣的になって同じことを繰り返してしまいます。

スポンサードリンク



犬だって塩分の摂取量は控えるべき


人間が食べる食事は、塩分もあり、味もしっかりとついていますが、これが犬にとって健康障害を引き起こす原因につながります。

002
 

人が食べて栄養がとれる食べ物でも、犬にとって危険な食べ物があります。

料理中に誤ってその危険な食べ物が床に落ちて、犬が誤食してしまうと最悪な場合、死んでしまうこともあるようです。

では、犬にとって、危険な食べ物とは、どんなものがあるのでしょうか。

調べてみると、たくさん食べてはいけないものや注意するものなど、人間にとっては栄養のある食材が、危険であることに驚きました。



血液サラサラ成分の玉ねぎも、犬には危険食材に!


pug-801826_1920
その代表的ともいえるものが、玉ねぎです。

たまねぎが危険であるというのは、聞いたことがある人も多いかと思います。

人がとると血液がサラサラになる効果がありますが、犬が食べると、赤血球が破壊され貧血に陥り摂取量によっては死に至らしめる怖い食材です。

人間にとって、たまねぎといえば、カレー、シチュー、ハンバーグ、味噌汁、野菜炒め、焼きそばなど、ありとあらゆる料理に入っており、日常的に摂取しています。

スポンサードリンク

栄養価が高い生卵や練り製品、最近注目のチョコレートは?


他にも、たまごかけごはんは大好きな方も多いと思いますが、生卵も犬が食べると栄養障害や食中毒を引き起こす可能性があります。

生卵の場合は、火を通してから与えれば問題はありません。

043
意外だと感じた食べ物は、チョコレートやカカオです。

人間がチョコレートやカカオを食べると、疲労回復や美容効果があり、適度にとれば、カカオに含まれる成分は、ダイエットにもつながります。

しかし、犬に与えると、中毒になるそうです。

また、加工食品のハム・ソーセージ、かまぼこも犬にとって塩分香辛料が強すぎて腎臓や心臓、胃腸障害の原因になるそうです。

こちらは、人が食べてもやや塩分が高めです。

また、骨付きの鶏や大きな魚の骨も、犬に与えるとかみ砕いた骨が、消化器官にささるので危険です。

033
 

果物は、あまり犬に与えるという方は少ないかもしれませんが、ぶどう、レーズン、桃、あんずは、中毒性があります。

以上、危険な食材を調べてみると犬にとって危険な食べ物は、多くの料理に入っており、人間の大切な栄養源となっているため、与えてしまっている飼い主もいるのではないでしょうか。



まとめ


chihuahua-621112_1920
私も、子供の頃に飼っていた犬は、当時ドックフードなどは主流でなかったので、独自に食事を作って与えていました。

現在のようなインターネットがある時代でもありませんでしたから、情報も不足していました。

そのため、味見をして人がおいしいと感じられるくらいの塩分濃度を犬に与えていました。

まさに、危険な食事を知らないまま与えていたのです。

飼い主は、犬に食事を作る場合は、適正な食材と塩分のない食事を与えなけばなりません。

そうすることで、毛づやもよくなり、健康的な毎日がおくることが期待できると思います。

そして、より長くパートナーとして、一緒にいることができそうです。

協力ライター:ミキさん

スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)